大韓航空のA380型機、クルーズに近い「ゆとり」あり

  • 2011年6月24日(金)

 大韓航空(KE)はエアバスA380型機を運航する航空会社で、もっとも座席数の少ない407席の機材を、成田/仁川線で初就航した。同じA380型機でも、エール・オーストラル(UU)が発注する、エコノミークラス840席の機材と比べれば半分以下だ。超大型機にもかかわらず少ない座席数のため、機内の随所にスペースがうまれ、乗客は快適な移動ができる仕様になっている。シートも広めだが、機内にはさらにくつろげる空間を用意。免税品展示スペースやビジネスクラス、ファーストクラス用のラウンジと、これまでのフライトとは違った時間が過ごせる。クルーズの旅にも近い機内の様子を仁川発成田行きの初便「KE380」の体験からレポートする。


▽関連記事
成田/ソウルにA380-大韓航空が初フライト、仁川経由ツアーも意欲(2011/6/20)
大韓航空、成田/仁川線にA380を導入-6月17日から(2011/5/31)


取材協力:大韓航空
取材:鈴木次郎

  • イメージ

    就航初日は仁川空港のカウンターにモデルプレーンを置き、案内板にもA380型機を映像でも紹介。搭乗客の期待が高まる

  • イメージ

    仁川空港の搭乗案内板。就航当日のみの便名「KE380」は、A380型機に由来。多くの人が立ち止まりカメラに収めていた

  • イメージ

    就航前にKEの幹部と客室乗務員が揃い、式典を開催。A380型機への期待の高さが表れている

  • イメージ

    搭乗橋は1階のファースト、エコノミークラスで各1本、2階のビジネスクラス用に1本を用意

  • イメージ

    右側の入り口がビジネスクラス専用。左の入り口がエコノミー。ファーストはさらに手前にある

  • イメージ

    座席配列「1-2-1」のファーストクラス。スペースがゆったりとられたコスモスイート。全12席

  • イメージ

    1階エコノミークラスは全301席。3つのパーティションに分かれる。大きさを感じる長い廊下だ

  • イメージ

    クッションを補強した「ニューエコノミー」は快適さを追求。A380型機は今後、欧米長距離線に投入

  • イメージ

    2階は全てビジネスクラスの94席。ビジネスクラスのシートが機体前方から後方まで並ぶと圧巻だ

  • イメージ

    2階ポートサイド最前方のトイレ。飛行機のトイレとは思えない広さで、贅沢な気分になる

  • イメージ

    KEのA380の特徴の一つ、免税品展示スペース。専門スタッフを1人配置する。約5分で離着陸の準備が可能

  • イメージ

    免税品展示スペース。化粧品や香水を実際に手に取って試してから購入を決められる

  • イメージ

    免税品展示スペースの商品はマグネットで棚に設置。万が一の乱気流でも商品が飛び散らない工夫だ

  • イメージ

    2階前方、スターボード・サイドにあるラウンジスペース。席を離れ、静かにくつろぎたい時に使いたい

  • イメージ

    2階後方のラウンジスペース。同乗する家族や仲間と会話するなど、機内とは思えない日常の時間を過ごせる

  • イメージ

    2階後方のラウンジスペースに併設するプレステージクラスのバー。訓練を受けた乗務員がカクテルなどを作ってくれる

  • イメージ

    ファーストクラス専用のミニバー。こぎれいに並べられたアイテムがファーストクラスの華やかさを印象づける

  • イメージ

    就航当日のブランチメニューは、かになど海の幸が入ったテンジャンチゲ。ビビンバとともにKEを代表する機内食だ

  • イメージ

    就航当日のギャレー。訓練を積んだとはいえ、初便は慣れないことも多いはずだが、てきぱきと仕事にあたっていた

  • イメージ

    今後、8月まで1機ずつ納入され、バンコク、ニューヨーク、パリ、ロサンゼルスと就航路線を拡大する

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ