キャリチャ

JALグ、17年度は増収減益-有償座席利用率が過去最高水準

  JALグループは4月27日、2018年3月期(17年4月1日~18月3月31日)の通期連結業績を発表した。売上高は前年比7.3%増の1兆3832億5700万円、営業利益は2.5%増の1745億6500万円、経常利益は1.1%減の1631億8000万円、純利益は17.5%減の1354億600万円。第1四半期から第3四半期まで増収増益だったが、前期の法人税等調整額の影響などにより、最終利益は2桁減となった。営業費用は整備費の増加などで8.1%増の約1兆2086億円、売上高営業利益率は0.6ポイント減...