キャリチャ

日本とロシア、観光交流を加速、18年の22万人に向け覚書改正

「ツーリズムEXPOジャパン2017」が開幕した9月21日、日本とロシアの観光当局は会場の近くのホテルで、今年2月に合意した「2019年までの共同活動プログラム」の改正覚書と、「食と観光週間イベント開催協力覚書の2つに署名した。近年の日露首脳会談や、今年1月の双方のビザ取得要件緩和などにより活発化している観光交流を、さらに加速させることがねらい。署名式には、日本側は観光庁長官の田村明比古氏、日本政府観光局(JNTO)理事長の松山良一氏、全日本・食学会常任理事の杉山衛など、ロシア側は観光局長官のサファ...