キャリチャ

アエロフロート、成田線好調で大型化に意欲-地方送客も

  • 2017年4月18日

アエロフロート・ロシア航空(SU)は4月17日、同日に日本就航50周年を迎えたことを記念し、レセプションを開催した。SU日本・オーストラリア支社長のアレクセイ・A・スシュコ氏は本誌の取材に応えて、好調な成田/モスクワ(シェレメチェボ)線の機材大型化に意欲を示すとともに、増便についても「機材繰りの関係で難しいが、将来的には検討したい」との考えを示した。スシュコ氏によれば、2016年の成田線の利用者数は、過去15年間では最大の16万5000人で、ロードファクターは84%。日本人が6割を占め、そのうち8割...