キャリチャ

南仏ラングドック・ルシヨン地方、地中海や運河沿いの街を周遊

  • 2016年4月26日
  • Travel vision編集部

 4月5日、6日にフランス南西部のモンペリエで開催されたツーリズム・トレードショー「ランデヴー・アン・フランス(RVEF)2016」では、ラングドック・ルシヨン地方を巡る研修旅行が開催された。地中海に面したラグーン、ユネスコの世界遺産に登録された城塞都市カルカッソンヌやミディ運河、ローマ時代の遺跡が残るナルボンヌ、中世以来の学術都市モンペリエなど、さまざまな観光素材が楽しめる同地方の魅力を写真で紹介する。

取材協力:フランス観光開発機構、ラングドック・ルシヨン・ミディ・ピレネー地方観光局
取材:西尾知子

  • 地中海沿いの街、ヴィルヌーヴ=レ=マグローヌのサン・ピエール・エ・サン・ポール教会。15世紀まで司教座が置かれていた

    マグローヌ

  • マグローヌはラグーン内の砂州にあり、かつては島だった。同地で採れるブドウのみを使ったワインがあり、教会付近で購入可能。テイスティングもできる

    マグローヌのワイン

  • 地中海とラグーンに挟まれた砂州にある街、セートではカキの養殖が盛ん。レストラン「ラ・ファルム・マリーン」ではシーフードバイキングが楽しめる。大型のグループも受入可能

    セートのシーフード

  • ワインに香草などを加えた酒「ベルモット」を製造するノイリー・プラット社の本社はセート近くの街、マルセイヤンにある。本社では製造の様子を見学できる

    ベルモット

  • テイスティングを通して食前酒や食後酒、カクテルの作り方なども学ぶことができる

    ノイリー・プラット

  • ナルボンヌは、南仏で最初に築かれたローマ帝国の都市。市庁舎の前にはローマ時代の浴場の遺跡が残る

    ナルボンヌ

  • 町の流通や商業の発展を支えてきた運河。すぐ脇には19世紀の鉄骨を活用して建てられた市場も

    ナルボンヌの運河

  • ナルボンヌ近郊にあるオリーブ搾油所「ロウリボ」。品質保証制度(AOC)の認証を受けたオリーブはアボガドのような味がして美味しい。オリーブオイルやオリーブを使った石鹸などお土産品も充実

    オリーブ搾油所「ロウリボ」

  • 世界遺産に登録されたミディ運河は支流部分を含め、総延長は360キロメートル。ベジェにある、9つの階段状の水門を抜けるための閘門(ロック)は、運河クルーズのハイライト

    ミディ運河

  • ミディ運河にはさまざまな規模のリバークルーズ船が運航している。「クレール・ド・リュヌ号」は乗客8名に対しスタッフ5名がつく

    ミディ運河クルーズ

  • 「アレグリア号」は乗客定員4名で、ファミリーや仲間など小グループ向けの船。ラウンジは家庭の居間のよう

    クルーズ船のラウンジ

  • アレグリア号のキャビン。部屋のデザインや広さは船によって違うが、シャワーやアメニティ付きが一般的

    クルーズ船の客室

  • ミディ運河クルーズの発着地のひとつ、ル・ソマイユ村。運河のそばにはカフェやレストランもあり、小休止にもいい

    ル・ソマイユ村

  • 「歴史的城塞都市カルカッソンヌ」として世界遺産に登録された街は、フランス王国が13世紀、カタリ派戦争を機にラングドック地方を征服した歴史も伝える

    カルカッソンヌ

  • カルカッソンヌ市内から車で10分ほどの位置にあるホテル「ル・ドメーヌ・ドーリヤック」

    ホテル「ドメーヌ・ドーリヤック」

  • ルレ・エ・シャトーに加盟しており、17世紀の領主の館を改装したホテル。趣のある客室だ

    ホテル「ドメーヌ・ドーリヤック」

  • 中世時代の小路が残るモンペリエ。建物も中世時代のものがそのまま使われている

    モンペリエ

  • 凱旋門を抜けたところは広場になっており、ルイ14世の銅像が建っている

    モンペリエの凱旋門

  • 凱旋門の上からは市内を見渡すことができる。見学希望の場合は観光局に問い合わせを

    モンペリエの凱旋門

  • モンペリエにある老舗のホテル「オテル・ド・ミディ」。ロビーに飾られているのはモンペリエのイベント「モンペリエ・ダンス」の写真

    オテル・ド・ミディ ロビー

コメント 0件