キャリチャ

エアトリと鹿児島県瀬戸内町が観光協定、アフターコロナの観光振興目指す

 エアトリ(柴田裕亮社長)と鹿児島県瀬戸内町(鎌田愛人町長)は1月7日、持続可能な観光推進と地域活性化に向けた連携を目的に観光協定を締結した。

 協定では、ワーケーションや奄美大島の世界自然遺産登録を見据えた旅行需要の創出などアフターコロナの観光振興に取り組む。同社は奄美大島に就航する航空会社との契約を生かし、同町など奄美大島行きパッケージツアーの拡充や販売促進、認知度の拡大などを推し進めていく。


情報提供:トラベルニュース社

関連ニュース