オーストラリア メルボルン、「新型コロナウイルス」に関する最新情報

  • 2020年11月10日(火)

メルボルンにおける新型コロナウイルス(COVID-19)に起因する、旅行者が知っておくべき行動制限、観光施設、飲食店、商店のオープンなどの最新情報をお知らせいたします。

11月08日の過去24時間の新規感染者数は0名となり、ニューサウスウェールズ州、南オーストラリア州等の近隣の州と同程度まで、新規感染者数は減少しております。

それに伴い、現在感染者数は8月07日の6,844名をピークに減少し、11月08日現在4名となっております。

■ メルボルン都市圏はステップ3へ以降

ビクトリア州での新規感染者数の増加は8月04日の1日687名ピークに落ち着いてきており、10月24日~11月08日の14日間の平均新規感染者数は、メルボルン都市圏で1日あたり0.4件、ビクトリア州その他の地域で0となりました。

メルボルン都市圏のステップ3への移行条件であった新規感染者数1日5件以下を達成、10月27日の23:59よりメルボルン都市圏はステップ2からより規制が緩和されるステップ3へ移行いたしました。

11月07日まではメルボルン都市圏、ビクトリア州その他の地域、同じステップ3でありながら、異なる行動制限が定められておりましたが、11月08日よりメルボルン都市圏、ビクトリア州その他の地域ともに同じ制限に統一されました。

メルボルン都市圏では、外出は自宅から25km圏内に制限されておりましたが、その制限も11月08日から廃止されました。

◎ 第1ステップ

メルボルン都市圏 ※完了済

* 21:00~翌朝05:00まで外出禁止

* 自宅でできない場合は、仕事や教育などの許可された理由を除いて、

 自宅から5km以内に滞在すること。

* 運動またはレクリエーション --- 2人または1世帯が屋外で2時間以内に集合できること

* ホームへの訪問は、一人暮らしの場合は指名訪問者1名 / ひとり親(18歳未満の子供全員)

* 保育・学校は、許可を受けた労働者の子どもを現場監督する遠隔・柔軟な学習を継続

* 必需品の買い物は、1世帯1人、1日1回

* レストラン・カフェの営業は持ち帰り・宅配のみ

ビクトリア州その他の地域

現在の規制から変更なし

◎ 第2ステップ

メルボルン都市圏 ※完了済

〔実施の基準値〕

 メルボルン都市圏の過去14日間の1日平均新規感染者数が30~50症例

* 夜間外出禁止は解除。

* 下記4つの理由の場合のみ、自宅を離れることを許可:

 学校や仕事(これらが自宅でできない場合)、介護や介護、必需品の購入、運動など

* 外出は自宅から5km圏内まで(10月18日より25km圏内に緩和)

* 外での運動は1日2回、合計2時間以内まで

* 公共の場での集会:

 最大2世帯5名まで屋外での交流が可能(生後12ヵ月未満の乳幼児は対象外)

* チャイルドケア(保育園)の再開

* セカンダリーの生徒については、11~12年生を除き、ターム4が再開されると、

 セカンドステップでの遠隔学習と柔軟な学習が継続。

* 第4タームでは、10月12日からプレップから6年生、VCE(Y11-12、または VCEやVCALの

 科目を履修している生徒)、特別支援学校の生徒のために、段階的に現場での学習が再開。

* パーソナルトレーナーによる屋外での運動が許可(最大2名のクライアントまで)

* レストラン・カフェの営業は持ち帰り・宅配のみ

ビクトリア州その他の地域 ※完了済

* 下記4つの理由の場合のみ、自宅を離れることを許可:

 学校や仕事(これらが自宅でできない場合)、介護や介護、必需品の購入、運動など

* 公共の場での集会:

 最大2世帯5名まで屋外での交流が可能(生後12ヵ月未満の乳幼児は対象外)

* ホームへの訪問は、一人暮らしの場合は指名訪問者1名 / ひとり親(18歳未満の子供全員)

* 託児所を開放しています

* 学校は安全対策を行いでターム4から現場学習に戻る

* 屋外での運動やレクリエーションを許可

* レストラン・カフェの営業は持ち帰り・宅配のみ

* 小売: オープン、密度などの制限あり、理容オープン

◎ 第3ステップ

ビクトリア州全体 ※現在実施中(9月16日 23:59より)

* 外出制限なし

* 可能な限り外で他の人と一緒に過ごす

* 公共の場での集まり: 屋外で10名まで

* 他1世帯(2名まで)からの来客可

* 学校は安全対策を行いターム4から現場学習に戻る

* カフェ、レストランでは、屋内は4平米ルール上で最大20名(1部屋あたり最大10名)まで、

 屋外は2平米ルール上で最大70名まで

* 全ての小売店は営業可

* 美容院、タトゥーパーラー、美容サービスは、施術中にフェイスカバーを着用の上営業可

* 11月08日より「メルボルン都市圏」と「ビクトリア州その他の地域」に分かれていた規制を統一。

◎ 第4ステップ

ビクトリア州全体(11月23日)

〔実施の基準値〕

 ビクトリア州全体で過去14日間に新規感染者なし

* 外出制限なし

* 公共の集まり: 屋外で最大50名まで

* 家庭内の来訪者: 一度に20人までの来訪者

* 学校は安全対策を施した上で現場学習へ復帰

* 着席サービスのみのホスピタリティオープン

* 安全対策を施した上で全小売店オープン

* 組織的なコンタクトスポーツの段階的な復帰を全年齢対象に再開。観客の制限

* ギャラリー、博物館、その他の娯楽施設は、いくつかの制限付きでオープン

◎ 第5ステップ

COVIDノーマル

〔実施の基準値〕

 ビクトリア州全体で過去28日間に新規感染者なし

* 外出制限なし

* 公の場での集会には制限はないが、主催者は出席者の記録を残すことが推奨

* 自宅での来客制限なし

* 学校は安全対策を施した上で現場学習へ復帰

* ホスピタリティと小売業はすべてオープン

* 冠婚葬祭に制限はないが、主催者は出席者の記録を残すことが推奨

* 地域スポーツ・観戦制限なし

* ギャラリー、美術館、博物館などの娯楽施設が安全対策と入館者記録保存を行いオープン

※注意

 各ステップが開始される日は目安とされた暫定的な日であり、実際の実施日は

 次のステップに移るための基準値の達成状況、公衆衛生機関の勧告により決定されます。

---

■ ニュージーランドからの旅行者を一部の州で受け入れへ

マイケル・マコーマックは副首相は、10月16日よりニュージーランドからオーストラリアの一部の州への入国を、14日間の検疫期間無しで受け入れを開始すると発表しました。

ニュージーランドからの訪問者は、当初はニューサウスウェールズ州(シドニー等)とノーザンテリトリー準州(エアーズロック、ダーウィン等)、南オーストラリア州(アデレード等)に限られます。

今回の入国制限緩和はニュージーランドからオーストラリアへの入国のみの行われます。ニュージーランド人がオーストラリアからニュージーランドへ帰国した際に、現行の管理隔離措置は免除されることなく、引き続き管理隔離を受ける必要があります。

オーストラリア人及び永住権所持者は引き続き12月17日までオーストラリアからの出国を原則禁止となり、許可を得てニュージーランドへ出国した場合も、ニュージーランドで隔離措置を受けることになります。

2019~2020年度のニュージーランドからオーストラリアへの短期旅行者はおよそ100万人、国別ではニュージーランドが1位となっています。これはおよそ全体の15%を占め、日本の約2.7倍となっています。

ビクトリア州のダニエル・アンドリュース首相は、11月09日よりビクトリア州もニュージーランドからメルボルンへの直行便の再開を認め、ニュージーランドからの入国は14日間の隔離措置を不要とすると発表しました。

■ 8月02日 23:59よりマスク着用の義務化を全ビクトリア州に拡大

8月02日 23:59よりより、マスク着用の義務化は全ビクトリア州に拡大されました。合法的な例外がない限り、ビクトリア州の誰もが家を出るときは顔カバーを着用する必要があります。

12歳未満の子供は、フェイスカバーを着用する必要はありません。

マスクには、スカーフやバンダナ等で代用しても構いません。

マスクを着用、または携帯していない場合は、200AUドルの罰金が科せられます。

★ 本情報の注意事項

* オーストラリアでは連邦政府が国境に関する規制、及びオーストラリア国内の大枠の制限を決め、各州政府が更に細かい制限を決定します。

* オーストラリア連邦政府と各州の政府とで同じ事柄に対して異なる制限がある場合、州政府の決めた制限が優先されます。

* 当該情報によって生じた損害・不利益等についていかなる責任も負いかねます。

---

■ ビクトリア州の新型コロナ感染状況

ビクトリア州での新規感染者数の増加は8月04日の1日687名ピークに落ち着いてきており、ビクトリア州全体の10月14日~10月27日の14日間の平均新規感染者数は1日あたり2.7件となりました。

メルボルン都市圏のステップ3への移行条件であった新規感染者数1日5件以下を達成、10月27日の23:59よりメルボルン都市圏はステップ2からより規制が緩和されるステップ3へ移行しました。

11月01日現在

* 総感染者数 20,346名  * 新規感染者数 0名

* 現感染者数     61名  * 死者数  819名

■ 観光・旅行関連の行動制限(メルボルン都市圏)

◎ 旅行の制限

* 外出は自宅から半径25km圏内に制限。

* ビクトリア州は州境の閉鎖は行っておりませんので、他州への旅行の制限はありません。

 他州側でビクトリア州からの旅行を制限している州・準州がありますので、その規制に

 従う必要があります。

◎ 観光施設

 屋外施設のみ営業再開を許可。屋内施設は営業禁止

◎ レストラン等飲食店

 カフェ・レストランでは、屋内は4平米ルール上で最大20名(1部屋あたり最大10名)まで、

 屋外は2平米ルール上で最大50名まで

◎ ショッピング

 小売店は許可された最大人数内で営業可

■ その他生活関連

◎ 集会の制限

* 屋外での集まりは最大10名まで

* 結婚式は最大10名まで

* 葬儀は最大20名まで

* 屋外の宗教儀式は20名まで、屋内の宗教儀式は10名まで

◎ スポーツと運動

* 屋内の運動施設は営業禁止

* グループでの運動は、屋外では最大10名まで

* 18歳以下の人は屋外でのスポーツを許可

◎ その他

* 外出時にはマスクの着用義務。違反の場合は200AUドルの罰金

* 屋外ツアーは最大10名まで。屋内ツアーは禁止

* 美容院、タトゥーパーラー、美容サービスは、施術中にフェイスカバーを着用の上営業可

■ 新型コロナウィルスに関する外部情報

* 在メルボルン日本国総領事館 新型コロナウィルス情報

 https://www.melbourne.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

* オーストラリア連邦政府 新型コロナウィルス感染者数状況

 https://www.health.gov.au/news/health-alerts/novel-coronavirus-2019-ncov-health-alert/coronavirus-covid-19-current-situation-and-case-numbers

* ビクトリア州政府 新型コロナウィルス感染者数状況

 https://www.dhhs.vic.gov.au/coronavirus

* ビクトリア州政府 新型コロナウィルスの行動制限

 https://www.dhhs.vic.gov.au/victorias-restriction-levels-covid-19

情報提供:株式会社トランスオービット日本海外ツアーオペレーター協会

この記事へのコメント

コメントを書く

■海外ニュース

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ