ANAも燃油据え置き、2月と3月-JALに続き

  • 2019年12月23日(月)

 全日空(NH)は2月と3月の発券分について、燃油サーチャージを現行と同額で設定することを決定した。基準となる10月と11月のシンガポールケロシン市況価格が平均で1バレルあたり75.13米ドルとなり、円貨換算額が8151円となったため。12月17日には日本航空(JL)も同様に、2月と3月の発券分について燃油サーチャージを据え置くことを発表している。

全日空 燃油サーチャージ 2月・3月発券分

路線設定額
日本=北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア1万500円
日本=ハワイ・インド・インドネシア6000円
日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア4500円
日本=ベトナム・フィリピン・グアム3000円
日本=東アジア(韓国除く)2500円
日本=韓国500円

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ