キャリチャ

サイクルツーリズム推進、国交省がルート認定制度を創設

 国土交通省は9月9日、自転車活用推進法に基づき、「ナショナルサイクルルート制度」を創設したと発表した。サイクルツーリズムを推進し、インバウンドの誘致や、地域の創生につなげる。

 同時に第一候補として、①つくば霞ヶ浦りんりんロード(茨城県)②ビワイチ(滋賀県)③しまなみ海道サイクリングロード(広島県、愛媛県)を選定した。今後設置する第三者委員会で、ルート設定、走行環境、受入環境、情報発信、取組体制の5つの観点から審査を行い、選定する。

廃線跡を活用した、つくば霞ヶ浦りんりんロード

 ナショナルサイクルルートに指定されると、国や日本政府観光局によるプロモーションや、社会資本整備総合交付金等による重点的な支援対象となる。

 国交省では現在、ナショナルサイクルルートのロゴマークを募集している。


情報提供:トラベルニュース社

関連ニュース