アメリカ イリノイ州 / 州内2ヵ所のフランク・ロイド・ライトの建築物が世界遺産に登録

  • 2019年8月13日(火)

 ユネスコは2019年7月8日に建築家フランク・ロイド・ライトの手掛けた「フレデリック・C・ロビーハウス」(1908~1910年)と「ユニティー・テンプル」(1905~1908年)の建築物を世界遺産リストに登録しました。

20世紀初頭のライト建築でイリノイ州オークパークにある自身の建築スタジオで手掛けたロビーハウスとユニティー・テンプルはプレーリー様式の象徴的なランドマークで、いわゆる最初のアメリカ現代建築と言えます。

 幾何学的な形状が特徴のユニティー・テンプル(1905~1908年)はライトが手掛けたものとしては最初の公共建築物でコンクリート仕立ての現代建築の新時代を象徴する建物です。

 ロビーハウス(1908~1910年)はシカゴのハイドパークのシカゴ大学のキャンパス内にあり、ライト建築のプレイリー様式の最高傑作と言われ、横へ広がる細長い形状と次世紀の近代建築に影響を与えたオープンインテリア形式が特徴的です。

今回、ユニティー・テンプルとロビーハウスの他に6ヵ所のライト建築がユネスコ世界遺産登録承認されています。

 タリアセン(1911年~ウィスコンシン州スプリンググリーン)、
ホリーホック・ハウス(1918~1921年、カリフォルニア州ロサンゼルス)、
フォーリングウォーター(1936~1939年、ペンシルバニア州ミルラン)、
ハーバート&キャサリン・ジェイコブ・ハウス(1936~1937年、ウィスコンシン州マディソン)、
タリアセンウエスト(1938年、アリゾナ州スコッツデール)、
ソロモンR. グッゲンハイム美術館(1956~1959年ニューヨーク州ニューヨーク)。

 詳しい建物の情報はトラストのHP(flwright.org)をご参照ください。

  ※フランク・ロイド・ライト・トラストについて
フランク・ロイド・ライト・トラストはシカゴに本部を置く非営利団体です。

 ロイド建築の保護と維持を目的とし、シカゴエリアにある5ヵ所の歴史的建造物

* オークパークにあるフランク・ロイド・ライト邸(1889/1898)とスタジオ

* シカゴのハイドパークにあるフレデリックC. ロビー・ハウス(1908~10)

* オークパークにあるユニティ・テンプル(1905~08)

* シカゴループにあるルッカリー・ライト・コート(1905)

* エミル・バッハ・ハウス(1915)
の一般向けツアーを主催しています。

 ライト・プラスウォークはトラストが毎年開催するウォーキングツアーで、
普段は一般に公開されていないライト建築の私宅を見学できます。

*
* 詳細: http://flwright.org

情報提供:イリノイ州観光局、日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

エルアルイスラエル航空
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

ラグビーW杯で日本代表は南アフリカ代表に

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ