[ 記事広告 ]

世界最大の客船「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」がついに就航[PR]

ハネムーナーや欧州リピーターにお勧めな客船

  • 2018年5月28日(月)
ついに就航した「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」。地中海クルーズに就航した初のオアシスクラスでもある

 ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(以下RCI)は4月、世界最大のクルーズ客船となる「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ」(以下シンフォニー)を就航させた。そのプレクルーズに乗船し、シンフォニーにしかない注目のポイントをまとめたい。


RCIならではの「世界最大の客船」海と船の融合アクティビティ

船体中央部分は、このように吹き抜けになっている。他社の客船では見ることができない眺めだ

 シンフォニーは、2009年に就航した「オアシス・オブ・ザ・シーズ」に始まるオアシスクラスと呼ばれる姉妹船の4隻目にあたる。シンフォニーは228,081総トン、乗客定員5,518人、乗組員数2,200人、全長362メートル、全幅65メートルを記録し、2年前に就航した姉妹船「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」より総トンが増えて、文字どおり世界最大のクルーズ客船となった。

 その巨大な船体を活かしたアクティビティはスリル満点で、例えば海をバックにサーフィンが楽しめるフローライダーやロッククライミング、船体中央部に設けられた吹き抜けの空間を利用したジップライン、デッキ16からデッキ6まで滑り降りるスライダー「アルティメットアビス」など、これまで船上で体験できるとは想像もつかなかったワクワクするアクティビティが楽しめる。

ロイヤルシアターで上演される「ヘアスプレー」。これはぜひ観ることをお勧めする

 こうしたアクティビティ以外にも、アミューズメントパーク並のアトラクションを用意し、さらにクオリティ重視のエンターテイメントを上演するなど、従来のクルーズとはひと味違った楽しみを提供してくれる。メインシアターでは、ブロードウェイの人気ミュージカル「ヘアスプレー」が上演される。ブロードウェイで見ると1~3万円はするショーが船内では無料で楽しめるのだ。当然ながら、その演技力には目が釘付けになってしまうほどで、素晴らしいレベルだ。

ボードウォークの上空を滑る「ジップライン」

 船尾にあるプールでは、高飛び込みやシンクロナイズドスイミング、船上で行われる綱渡りなどのショーが行われる。シンフォニーはほとんど揺れを感じさせないとはいえ、航行中に綱渡りを行うとは、技術の進歩とパフォーマーの技量がそろって初めて実現できることだ。

「スタジオB」のアイススケートショー。プロジェクションマッピングを駆使し、スピーディーな見応えのあるショーが楽しめる

 さらに本物の氷が張られたスケートリンク「スタジオB」では、世界選手権などに出場したプロスケーターによるショーが見られる。シンフォニーではこのスタジオBが、最新テクノロジーと特殊効果によってレーザー銃による世界最大のシューティングゲーム場へと早変わり。参加者は敵味方に分かれ銀河をイメージした暗闇のなか、光るレーザー銃で勝敗を競う「レーザータグ」という、シンフォニーにしかない壮大な冒険バトルを楽しめる。

■海外ニュース

ベルトラ1
求人広告
ワンクリックアンケート

私の中のM-1グランプリの優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ