ピーチとバニラ、19年度末までに統合へ、存続会社はMM

  • 2018年3月22日(木)

(左から)MMの井上氏、ANAHDの片野坂氏、JWの五島氏  ANAホールディングス(ANAHD)は2019年度末を目処に、傘下のピーチ・アビエーション(MM)とバニラ・エア(JW)を統合する。18年度下期から統合に向けたプロセスを開始。MMを存続会社として統合し、ブランドはMMに一本化する。機材運用の効率化やコスト削減、国内の新規需要の開拓、訪日需要の獲得に2社のリソースをあわせて取り組み、国内外のLCCに対抗する考え。

 20年以降は50機以上で国内外に50路線以上を運航する見込みで、同年を目途に中距離国際線にも進出する。20年度の目標として売上高1500億円、営業利益150億円規模を掲げる。

片野坂氏  3月22日の記者会見で、ANAHD代表取締役社長の片野坂真哉氏は「統合については以前から考えていたが、昨年2月にMMを子会社化した頃から思いが強くなった」と振り返り、昨秋には2社に統合の話を持ちかけたことを説明。LCC競争が激化し、海外のLCCが積極的に日本に就航していることに刺激を受けた結果、「2社ともに業績が堅調で、訪日外国人の潮流が強く、地方創生の機運が盛り上がっている今がベストタイミングだと判断した」と話した。

 MMを存続会社とした理由については「2社の経営の安定性、海外での知名度など」を比較した旨を説明。MMは国際14路線・国内15路線を、JWは国際7路線・国内6路線を運航しており、MMの方が路線数や拠点数が多いこと、MMは成田と羽田の首都圏2空港から運航していることなども理由として挙げた。

次ページ>>>片野坂氏「MMの独自性は尊重」


■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019

メール新規登録
ワンクリックアンケート

ユーチューバーで好きなのは?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ