関空、18年夏国際線は週1219便で記録更新、LCC率38.7%

  • 2018年3月22日(木)

 関西エアポートはこのほど、関西国際空港(関空)の2018年夏ダイヤ期間(3月25日~10月27日)における国際線定期便運航計画を発表した。9月のピーク時の週間旅客便数は、17年夏ダイヤ比50便増の1219便となり過去最高となる見通し。このうちFSCは9便増の747便、LCCは41便増の472便で、LCCが占める割合は1.8ポイント増の38.7%となった。なお、17年冬ダイヤ比では週間旅客便数は2便増となる。

 方面別で便数が最も多いのは韓国で、17年夏ダイヤ比18便増の345便となった。ジンエアー(LJ)が昨年12月から仁川線を1日2便増の1日4便で運航していることや、エアソウル(RS)が3月25日から、仁川線を週19便から週21便に増便することなどが要因。

 2位は中国で9便増の335便。中国南方航空(CZ)が3月28日から、17年冬ダイヤでは大連経由で運航していた武漢線を直行便として週1便で運航し、6月1日からは週2便に増便する。

 便数が最も増えるのは東南アジアで19便増の156便。ジェットスター・アジア(3K)が3月27日から日本初のクラーク(フィリピン)線を週3便で開設するほか、スクート(TR)が6月4日に高雄経由のシンガポール線を週3便から週4便に増便する。

 ハワイは11便増の36便で、日本航空(JL)が4月27日から、ホノルル線を週7便から週14便に増便する。北米は1便減の20便で、エア・カナダ(AC)がエア・カナダ・ルージュでバンクーバー線を週1便減の最大週6便で運航することなどにより減少した。

 このほか、欧州は2便増の28便に。昨夏は週5便だったエールフランス航空(AF)のパリ線が、15年夏ダイヤ以来3年ぶりにデイリー化する。なお、AFの増便により欧州線は4路線すべてがデイリー運航となる見通し。

 便数が最も減少したのは「オセアニア・グアム」で、4便減の24便。オセアニアはカンタス航空(QF)が昨年12月からシドニー線を週3便で運航しているが、ユナイテッド航空(UA)が17年夏ダイヤでは週14便で運航していたグアム線を段階的に減便しており、ゴールデンウィーク以降はお盆などを除き週7便で運航する。

 このほか、国内線についてはピーチ・アビエーション(MM)が3月1日に新潟線、8月1日に釧路線をそれぞれ1日1便で開設。ピーク時の4月における1日あたりの便数は11便減の67便で、LCCの占める割合は4.0ポイント減の53.7%となった。大阪国際空港(伊丹)における1日あたりの便数は17年夏ダイヤと同じ185便。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ