キャリチャ

チャイナエアライン、台北/富山線を期間増便、「雪の大谷」で

  • 2016年2月29日

 富山県によれば、チャイナエアライン(CI)は4月16日から5月28日までの期間、現在は週4便で運航している台北(桃園)/富山線を週6便に増便する。立山黒部アルペンルートの室堂ターミナル周辺の道路を除雪してできる雪の壁「雪の大谷」を、歩行者用通路として開放する「雪の大谷ウォーク」の期間にあわせたもの。現行便に水曜日と土曜日を追加し、火曜日以外は毎日運航する。現在は政府認可申請中。機材は現行便と同様、全158席のボーイングB737-800型機を使用する。

 同路線は2012年4月に週2便で運航を開始。16年冬ダイヤについては、増便期間以外は週4便で運航する。増便分の詳細なスケジュールは下記の通り。

▽CI、富山/台北(桃園)線増便分運航スケジュール(4月16日~5月28日)
CI171便 TOY 13時00分発/TPE 15時20分着(水・土)
CI170便 TPE 08時05分発/TOY 12時00分着(水・土)

関連ニュース