海外医療通信2015年8月号【東京医科大学病院 渡航者医療センター】

  • 2015年8月27日(木)

※当コンテンツは、東京医科大学病院・渡航者医療センターが発行するメールマガジン「海外医療通信」を一部転載しているものです

【リンク】
東京医科大学病院・渡航者医療センター

=====================================================

・海外感染症流行情報(2015年8月)

(1)サウジアラビア・リヤドでMERS患者が増加

サウジアラビの首都リヤドで6月からMERSの患者数が増加しています。この流行は市内の軍病院で発生したもので、8月中旬までに50人以上の患者が確認されました(WHO GAR 2015-8/21, ProMED 2015-8/24)。患者の中にはフィリピン人の看護師2名も含まれています。サウジアラビアでは9月20~25日に大巡礼(ハッジ)が行われ、世界中から多くの外国人がこの国を訪問します。今回のリヤドでの流行を含め、サウジアラビアでは各地でMERSの患者発生がみられており、大巡礼前後の期間は世界的流行への十分な警戒が必要です。

(2)東南アジアのデング熱流行状況

東南アジア各地は雨季を迎えており、各地でデング熱の流行が報告されています。8月中旬までにマレーシアは患者数が7万人、ベトナムは2万人にのぼっており、昨年より増加しています(WHO西太平洋事務局 2015-8/11)。また、タイでも患者数が5万人に達し、昨年の倍近い数になっています(英国Fit For Travel 2015-8/25)。なお、昨年は8月中旬から東京などでデング熱の国内流行が発生しましたが、今年は現時点で国内流行はみられていません。

(3)インドネシア・バリ島で狂犬病再燃

インドネシアのバリ島で、今年になり12人の狂犬病患者が発生し、全員が死亡しました(ProMED 2015-8/4)。バリ島ではここ数年、狂犬病の患者数が増加していたため、日本からの滞在者に注意喚起が行われてきました。2014年は患者数が2人に減少しましたが、再び増加している模様です。現地滞在中はイヌなどの動物に接触しないように注意するとともに、動物に咬まれた場合は直ちにワクチン接種を受け、発病を予防する必要があります。

(4)ヨーロッパ南部で蚊に媒介される感染症が発生

7月初旬にスペインのバレンシアで60歳の男性がチクングニア熱を発症しました(WHO GAR 2015-8/10)。この男性は発病前にフランスを旅行していますが、バレンシアでの感染が強く疑われています。バレンシアでは今年1月から7月までにチクングニア熱の輸入例が18人報告されており、地元の蚊にウイルスが伝播された可能性があります(英国保健省NaTHNac 2015-8/11)。

なお、フランス南部のニームでも2名のデング熱の国内感染例が報告されています(英国Fit For Travel 2015-8-21)。ヨーロッパ南部に滞在する際も蚊に刺されない対策が必要です。

(5)米国・ニューヨーク市でレジオネラ症が流行

米国・ニューヨーク市のSouth Bronxで今年7月~8月初旬に肺炎患者が多発していましたが、その原因がレジオネラ症であることが判明しました。患者数は124人にのぼり、うち12人が死亡しています。http://www.nyc.gov/html/doh/html/diseases/cdlegi.shtml

レジオネラ症は細菌性肺炎をおこす病気で、温浴施設などで感染することが知られています。今回のニューヨークでの流行は、ビルの冷却塔の水が汚染されており、それを用いた空調から感染したものとみられています(ProMED 2015-8/13)。

(6)日本で開催された世界大会の参加者に髄膜炎菌感染症が発生

今年7月28日~8月8日に山口県山口市で第23回世界スカウトジャンボリーが開催されました。この大会の参加者を中心に、英国人4名、スゥエーデン人4名が帰国後、髄膜炎菌感染症に罹患していることが明らかになりました(Europe CDC 2015-8/21)。この大会には世界160カ国から10代の若者3万人が参加しており、患者の多くは大会期間中に感染したものとみられています。日本からも6000人の参加者がありましたが、罹患者はいない模様です(国立感染症研究所 2015-8/25)。

髄膜炎菌感染症は細菌によっておこる病気で、髄膜炎をおこすだけでなく重症のショック症状を併発することが知られています。西アフリカで毎年乾季に流行しますが、飛沫感染で拡大するため、集団生活や大規模集会の場で患者が発生することもあります。予防にはワクチン接種が有効で、日本でも今年からワクチンの発売が開始されました。日本では患者数の少ない病気ですが、世界的な大規模集会を開催したり、それに参加する際には予防対策をとる必要があります。

・日本国内での輸入感染症の発生状況(2015年7月6日~2015年8月9日)

最近1ヶ月間の輸入感染症の発生状況について、国立感染症研究所の感染症発生動向調査を参考に作成しました。出典:http://www.nih.go.jp/niid/ja/idwr.html

1)経口感染症:輸入例としては細菌性赤痢12例、腸管出血性大腸菌2例、腸・パラチフス2例、アメーバ赤痢6例、A型肝炎4例、E型肝炎1例が報告されています。細菌性赤痢は前月(7例)より増加しており、インドネシアでの感染例が5例と多くなっています。また、アフリカのソマリアでブルセラ症に罹患した1例が報告されました。これは高熱をおこす病気で、本症例は現地でラクダの乳を飲んだことが原因とされています。

2)蚊が媒介する感染症:デング熱は輸入例が20例で、前月(18例)よりやや増加しました。感染国はマレーシア(5例)、タイ(4例)、インドネシア(4例)が多くなっています。チクングニア熱が1例報告されており、感染国はメキシコでした。マラリアは4例で、感染国は2例がアフリカ(ガボン、コートジボアール)、2例がアジア(ベトナム、パキスタン)でした。

3)その他の感染症:麻疹が1例報告されており、モンゴルでの感染でした。

・今月の海外医療トピックス

4価インフルエンザワクチンについて

今年から日本国内で使用されるインフルエンザワクチンが変更されます。従来のA型インフルエンザ2種類、B型1種類に対応した3価のものから、A型2種類B型2種類に対応した4価のものになります。欧米では先行して4価のワクチンが使用されていますがその効果や副作用などはどうでしょうか?New England Journalに掲載された 以下の論文が参考になるかもしれません。

調査対象はバングラデシュ、ドミニカ、ホンジュラス、レバノン、フィリピン、トルコ、タイの7カ国の3歳から8歳の小児2584名。日本と同じ製法のアジュバントを含まない4価のインフルエンザワクチンを2回接種し、対照として同数の小児にA型肝炎ワクチンを接種して、インフルエンザの罹患率でその効果を比較しています。詳細は原著を参照願いますが、インフルエンザを罹患した者は、4価インフルエンザワクチン群で全体の2.4%に当たる62名、対照群では全体の5.7%に当たる148名でした。ワクチンの有効率は59%と推定され、特に中等度から重症のインフルエンザについて予防効果は73.1%でした。また発熱などの副反応については、両群ではっきりとした差はありませんでした。

このように効果の期待される4価のインフルエンザワクチンですが、上記の調査結果は1シーズンのものであり、今後の調査結果が待たれます。 兼任講師 古賀才博

参考:http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1215817

・渡航者医療センターからのお知らせ

1)第14回渡航医学実用セミナー(当センター主催)

次回のセミナーは下記の日程で予定しています。テーマや申込み方法などは当センターホームページで追ってご連絡いたします。

・日時:2015年10月15日(木)午後2時~5時

・会場:東京医科大学病院 臨床講堂(新宿区)

2)第28回トラベラーズワクチンフォーラム研修会(バイオメデイカルサイエンス研究会主催)

標記研修会が下記の日程で開催されます。今回は「ウイルス肝炎の最新情報」に関する講演と「海外派遣企業でのワクチン接種」のパネルディスカッションがあります。

・日時:2015年9月26日(土)午後1時半~6時

・会場:日本教育会館 9階 第五会議室(千代田区)

・詳細はバイオメデイカルサイエンス研究会のホームページをご参照ください。http://www.npo-bmsa.org/28th_travelvaccine.htm

=====================================================

■海外ニュース

メール新規登録

イベント・セミナー情報はありません。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ