南海商事と和歌山大学が共同開発、熊野古道の旅行商品−現役生がプラン企画

  • 2011年5月23日(月)
 南海グループの南海商事と和歌山大学は和歌山県の協力のもと、共同で熊野古道周辺の旅行商品造成に取り組む。南海商事では、古道歩き体験施設「古道歩きの里」を運営しており、その周辺地域を和歌山大学観光学部の学生が視察しながら魅力を探る。今回の取り組みを通じ、南海商事では学生ならではの視点から新たな熊野古道の魅力の発掘や周辺地域の活性化につなげるねらい。一方、和歌山大学では旅行商品の企画造成を通じてマーケティングや経営の知識やノウハウを学んでもらう考えだ。

 まず、5月22日は和歌山大学観光学部の学生21人と教員2人が古道歩きの里ちかつゆとその周辺地域を視察。その後6月中旬には南海商事のスタッフと意見交換しながら学生が旅行プランを作成する。6月下旬には学生が企画した旅行プランを旅行会社へ提案する。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ