ディズニー、カリフォルニア火災に200万ドル−リゾートの営業には影響なし

  • 2007年10月26日(金)
 ウォルト・ディズニー・カンパニーは、約100万人が被災している南カリフォルニアの山火事の救援のため、200万米ドルの援助金を寄付する。このうち20万米ドルは、アメリカ赤十字の緊急的な活動のために寄付し、残額はボランティア・センターや、自然環境の復旧作業などに使用する予定。また、金銭的援助以外にも、ボランティア・スタッフの派遣や救援物資の提供も実施。さらに、避難場所にもディズニー・キャラクターが登場している。

 なお、カリフォルニア・ディズニーランド・リゾートには、被害や影響はなく、通常通りに営業している。また、同リゾートへの道路や空路など、交通の影響もないという。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ