訪日客数、4月は99.9%減に、過去最少の2900人

  • 2020年5月20日(水)

 日本政府観光局(JNTO)によると、今年4月の訪日外国人旅行者数(推計値)は前年比99.9%減の2900人となった。新型コロナウイルスの感染拡大により、航空各社が大幅な運休・減便を実施したこと、多くの国・地域において海外渡航制限や外出禁止などの措置が取られたこと、日本においても検疫強化や査証無効化などの措置が取られたことなどによるもの。単月の訪日客数としては1964年の調査開始以来、初めて1万人を下回り、下げ幅も過去最大の落ち込みを記録した前月の93.0%減からさらに悪化した。減少は7ヶ月連続。

 観光庁によれば4月における外国人の訪日は、もともと就労や留学などで日本に長期滞在している人の再入国が中心。市場別では、主要22市場のすべてが99%以上の減少を記録した。詳細は下表の通り。

JNTOの発表資料より

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

イベント・セミナー情報はありません。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ