2019年の国内旅行、人数・消費額とも増加

  • 2020年2月25日(火)

 観光庁は2月19日、2019年の日本人国内旅行者数が速報値で前年比4・4%増の5億8666万人だったと発表した。また、国内旅行消費額は7・0%増の21兆9114億円と大きく伸びた。

 年間旅行者数のうち宿泊旅行者数は7・0%増の3億1142万人、日帰り旅行は1・7%増の2億7524万人だった。

GW10連休やお盆9連休が寄与、消費増税以降も伸びる

 四半期ごとに見ると、ゴールデンウイークが10連休だった4-6月期は、宿泊旅行者数が前期比で19・5%増の8365万人と大幅に伸び、日帰りを併せた総旅行者数は12・3%増の1億6412万人だった。

 10月1日からの消費増税の影響が懸念された10-12月期も、四半期別では2番目に高い伸びだった。宿泊旅行者は8・7%増の6866万人、総宿泊者数は6・4%増の1億3242万人だった。

 また、四半期で最も旅行者の多い7―9月期も、お盆期間に9連休が可能だったことなどで前期を上回り、年間の日本人国内旅行者数の伸びに寄与した。

1人1回当たりの宿泊旅行消費額は5万5069円

 一方、国内旅行消費額の内訳は、宿泊旅行消費額が8・5%増の17兆1493億円、日帰り旅行消費額が1・8%増の4兆7620億円だった。消費額でも宿泊旅行が大きく伸びた。

 四半期別に総消費額を見ると、4-6月期が19・0%増、10-12月期が9・6%増と前期に前期比の伸び率が大きかった。いずれも宿泊旅行消費額が大きく伸びた。

 1人1回当たりの旅行単価は2・4%増の3万7349円。宿泊旅行が1・4%増の5万5069円、日帰り旅行が0・1%増の1万7301円だった。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ