JR東、「免税EC空港駅受け取りサービス」実証実験開始

  • 2019年11月19日(火)

 JR東日本スタートアップとジェイアール東日本物流、JR東日本リテールネット、東京モノレールの4者は11月21日、訪日外国人旅行者向けプラットフォームサービス「WAmazing(ワメイジング)」と協業し、訪日外国人旅行者を対象に、本サービス上で東京駅の土産菓子等を消費税免税価格で販売し、東京モノレール羽田空港国際線ビル駅で引き渡す実証実験を行う。インバウンド向け、手ぶら観光を促進する。

イメージ

 旅行者は本サービスを利用することで、東京駅を代表する土産菓子や日本で人気の化粧品をいつでも、どこでも購入が可能に。さらに、これまで店舗毎に行っていた免税手続きを1回に集約することができ、空港で受け取れることから、手ぶら観光を促し、利便性と回遊性の向上を図る。昨年には、訪日外国人旅行者が初めて年間3000万人を超えるなど、インバウンド需要は年々高まっており、2020年には免税手続きのオンライン化が決定している。

 「JR東日本グループは今回の実験結果を踏まえ、サービスの実用化や対象商品の拡大などを検討していく」と関係者。

実証実験概要

 (1)受取開始日:2019年11月21日(木)~
(2)購入条件:帰国日の3日前迄の購入
(3)対応言語:中国語(繁体字、簡体字)
(4)対象国:台湾・香港・中国からの訪日外国人旅行者
(5)商品受取可能時間:11:00~20:00
(6)決済方法:クレジットカード(visa、マスター)、WeChatPay
「免税 EC 空港 駅 受け取り サービス 」の 実証実験 開始
(7)購入方法:
・WeChat ミニプログラム「玩尽日本免税站(※)」
※中国で利用されているアプリWeChat 内で、WAmazing 社が提供する免税価格で商品の購入・受取り予約が可能な免税ECサービス。
・専用ウェブサイト:
台湾: https://tw.wamazing.com/kaimono
香港: https://hk.wamazing.com/kaimono
(8)主な取扱商品(一例):
土産菓子:東京ばな奈「見ぃつけたっ」、シュガーバターの木 シュガーバターサンドの木、東京たまご ごまたまご、東京駅焼きショコラなど
化粧品類:資生堂ブランド、IPSA、ORBIS、THREE、ITRIM、Amplitude、ASTALIFT、ReFa、
YA-MAN TOKYO JAPAN など
※順次取扱拡大予定
(9)引き渡し場所:東京モノレール羽田空港国際線ビル駅3F改札口付近(出発フロア改札外)


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

Travelport
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

昨年と比べて忘年会に行く回数は

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ