「アドベンチャー」「木育」ツーリズムを推進 JTB総研が団体設立

  • 2019年7月18日(木)

 JTB総合研究所(野澤肇社長)がニューツーリズムの推進に力をいれる。「アドベンチャー」「木育」の2つのツーリズムについて7月、立て続けに推進組織を設立。地域、関係業界に旅を通した新たな活性化の形を提案する。

 一般社団法人日本アドベンチャーツーリズム協議会(JATO)は、7月9日から稼働。阿寒アドベンチャーツーリズム社長の大西雅之さんが代表理事に就き、長野県観光機構や日本航空、東洋大学などから理事を招き、産官学で取り組みを進める。

 日本では安価で楽しめる体験として人気の自然・文化のアクティビティだが、海外では比較的高額かつ長期滞在を促す素材として市場は大きい。同協議会では、アドベンチャーツーリズム(AT)の普及から、高付加価値・高品質・高額なAT商品の企画、流通、人材育成の体制整備、欧米からの旅行者の誘致を推進し、「訪日目的の1つにあげられるような世界水準のATの普及」を目指す。10月には東京でセミナーを開催、今年度中に会員募集を始めるなどの活動を予定している。

 「木育ツーリズムコンソーシアム」は7月10日に設立。同研究所と芸術と遊び創造協会、矢野経済研究所と共同で、「木育ツーリズム」の普及を目指す。

 森林をキーワードに地域の交流人口拡大、森林保全、林業や木工産業の活性化を図ることが目的。木材と関わるなかで森林と暮らしへの理解を深める「木育」を浸透させるため、子どもから大人までものづくりや体験を通じて森林、木材と触れ合える「木育ツーリズム」を普及させる。

 今年度は、徳島県松茂町で8月2―3日に東京おもちゃ美術館による「木育キャラバン」を実施。消費者調査や、各地での木育ツーリズム推進の戦略策定支援、宿泊施設におけるナイトコンテンツの提供などを計画している。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
ワンクリックアンケート

史上最高の日本人野球選手は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ