周恩来元首相の詩碑に献花 日中国際文化交流協会、京都嵐山で功績称える

  • 2019年6月12日(水)

 日中国交正常化に尽力した中国の周恩来元首相の詩碑が建つ京都・嵐山の亀山公園で5月20日、周元首相の「雨中嵐山」創詩100周年と詩碑建立40周年を記念した献花式が行われた。京都市の門川大作市長、中国駐大阪総領事館の李春領事ら日中の関係者約150人が日中交流の発展を祈り、詩碑に花を捧げた。

 周元首相は1917年から2年間、日本に留学した。「雨中嵐山」は帰国直前の1919年、雨にけぶる嵐山に一筋の光を見い出した思いを詠んだものだ。周元首相は1976年の没後、本人の遺志により墓を建てなかったことから、79年に建立された詩碑は数少ない追悼の場所になっている。

 献花式であいさつした門川市長は「日中両国の交流に大きな功績を残された周恩来氏の詩碑の前で、さらなる交流に決意を新たにしています。市民間の交流、とりわけ文化による交流が大切」と話した。

 また、李領事は「周恩来氏の遺志を皆さんと未来へつなげたいと思います」と話した。

 献花式を主催した周恩来記念事業実行委員会(尾池和夫委員長=元京都大学総長)主要メンバーで、日中国際文化交流協会の佐藤れい代表理事は「中国人にとってこの詩碑は、周恩来元首相を偲ぶ貴重な場所です。日本を訪れた中国人観光客も数多くお参りされています。今後、国内外から寄付を募り、周恩来さんが愛した桜を植樹し、銅像も建てたいと考えています。日中交流のシンボルにしていきたい」と話していた。

 記念事業はこのあと、京都市内のホテルで講演会、祝賀会が200人以上参加して行われた。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ