次世代に継承する旅行業 和旅協「DWOわかやま」構想(2) 日旅赤風と共同で協力会へ送客も

  • 2018年7月3日(火)

 和旅協では和歌山県内だけでなく全国の観光関係施設で組織する協力会への送客手段として、日本旅行・赤い風船西日本事業部との共同企画「和歌山から温泉へ行こう」を今年春にスタート。和旅協会員専用パンフレットを作成した。和旅協会員が協力会会員施設へ1人でも多く送客し、和旅協と協力会がウイン・ウインの関係を構築していく取り組みも始めた。和旅協と日旅・赤い風船西日本事業部との共同企画は初めて。

 小山代表理事は「日本旅行さんにはたいへんお世話をかけることになった。弱小な協会だが会員が協力して送客し感謝の気持ちを伝えたい」と話し、日旅との共同企画を全会員で取り組むことで「DWOわかやま」への試金石にしたいと考えている。

(トラベルニュースat 18年6月25日号)


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2018
TABI Butler
ビズリーチ

助成金・補助金情報

「【宮崎県】延岡観光協会~延岡への新たな流れをつくる誘客事業~」
(1)事業の目的延岡市への新たな観光客誘致を促進するため、九州外(訪日旅行含む)から旅行...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ