クラツー、最上級ブランドのバス「碧号」を東海地区で導入

  • 2018年6月13日(水)
車内のイメージ

 クラブツーリズムは7月1日、同社の最上級ブランド「ロイヤル・グランステージ」で利用するバス「ロイヤルクルーザー四季の華」において、最新車両「碧号」2台を東海地区で導入する。

 「ロイヤルクルーザー四季の華」は、ワンランク上の上質なバス旅行の提供を目的としたもので、2007年に関東地区で「風号」の運行を開始した。近年、高級バス市場に注目が集まっていることから、関東地区では2016年4月に建築家の隈研吾氏が内装デザインを監修した「海号」、2017年4月に「空号」、同年7月には「碧号」と立て続けに導入した。

 2018年から全国で導入を順次開始しており、「碧号」は4月の関西地区での導入に続いて東海地区での展開に至った。運行は名阪近鉄バスと三重交通が担当する。

 座席数は、同ブランドで最少の18席と「ゆとりある空間」の演出に注力した。さらに車内には化粧室、空気清浄機、全席座席シートにコンセントとUSBポートを完備している。

 東海地区では豪華貸切バス車両がまだ少数であることから、百貨店の外商部門などと連携し、富裕層向けの旅行としてピーアールをしていく。

■国内・訪日ニュース

SkyTeamワークショップ&セミナー2018
TABI Butler
求人広告
ワンクリックアンケート

サッカーW杯の優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「【愛知県】蒲郡市観光協会 教育旅行インバウンド助成制度」
▽補助金交付の対象 ・日本にあるランドオペレーターまたはレップ ・直接宿泊手配をした...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ