米子-東京便が利用増 ANA、JALともに急伸

  • 2017年6月29日(木)

 鳥取県・米子空港の利用者数が好調だ。今年5月には全日空(ANA)の米子-羽田線の搭乗利用者数が5万3592人と過去最高を記録。日本航空の東京便も好調で、首都圏からの航空需要の高まりが利用者増につながっている。

 ANA便の5月の搭乗利用者数は前年同月比110.5%と2ケタの伸び。同じく羽田便が運航している島根県・出雲空港の搭乗利用者数を初めて抜いた。JAL便は同108.7%だった。

 ANA山陰支店の三原修一支店長によると業務渡航、コンベンション需要、観光需要が好調だという。7月1日からは、山陰地方では初となるボーイング787を就航、さらに利便性の向上を図る。

 (17/06/29)


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ