百戦錬磨、阪急不動産と民泊支援で提携、関西強化

  • 2016年9月20日(火)

 民泊仲介業者「とまれる」の親会社の百戦錬磨はこのほど、空き家のオーナー向けに新たなサービス「阪急の空き家サポート」の提供を開始した阪急不動産と業務提携を締結した。同サービスは阪急電鉄などの沿線に空き家を所有する人を対して売却、賃貸管理、リフォーム、民泊などに関するサポートをおこなうもの。百戦錬磨はとまれるが運営する民泊仲介サイト「STAY JAPAN」に、空き家での民泊物件を掲載する。

 百戦錬磨は今年4月に阪急電鉄を含む4社が共同出資した「SI創業応援ファンド投資事業有限責任組合」から資金調達をおこなったところ。関西圏については重要市場の1つと位置づけ、サービスの強化をはかるという。

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ