明治日本の産業革命遺産、世界文化遺産へ登録勧告

  • 2015年5月12日(火)

 ユネスコ世界遺産委員会の諮問機関・イコモスは「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」を世界文化遺産に登録するよう勧告した。政府が5月4日、発表した。

 明治日本の産業革命遺産は、幕末-明治期の西洋からの技術移転による日本の近代化を伝えるもの。構成資産は長崎・端島炭鉱や鹿児島・旧集成館、山口・松下村塾など23施設で、山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島の九州・山口エリアに、岩手、静岡を加えた8県にまたがる。

 本登録は6-7月に開かれる同委員会で決まる見込み。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ