中部の新中計、19年度は旅客数1500万人目標-「中部拠点」呼びかけ

  • 2015年4月1日(水)

 中部国際空港は3月31日、2015年度から2019年度の中期経営戦略を発表した。5年間を「飛躍的な成長を実現させるための『第2の開港期』」と位置づけ、「航空ネットワークの拡大」「施設機能・サービスの向上」「商業事業の拡大」「地域連携・環境経営の推進」「経営基盤の強化」「安全・安心の確保」の6つの重点施策に取り組んでいく。19年度の業績目標として旅客数1500万人を掲げた。

 3月31日の会見で、中部国際空港代表取締役副社長の各務正人氏は、1500万人を「高い目標」であるとし、既存便の需要の積み上げのみでは達成は難しいと説明。中部を拠点化する新たな航空会社を誘致し、国内外へのネットワークを拡充していく考えを示した。さらに中部の拠点化により、訪日外国人の際内乗継の取り込みもはかる。

 1500万人のうち、国際線は800万人、国内線は700万人。国際線のうち訪日外国人は400万人を目標にした。各務氏によると、中部地域では国が掲げる2020年の訪日外客2000万人のうち、10%に当たる200万人を地域目標としている。19年度の目標は地域目標を踏まえ、往復の航空旅客数として400万人に設定したという。このほか、発着回数は13万回、売上高は700億円、負債残高は3000億円未満をめざす。

 中期計画初年度に当たる2015年は、旅客数を1010万人以上に設定。国際線は450万人以上、国内線は560万人以上を目標とした。なお、2014年度の旅客数についてはスカイマーク(BC)の破綻やエアアジアX(D7)の運休など「アクシデントがあった」ため、当初目標の1010万人は下回るとともに「1000万人には届かない見込み」だという。

次ページ>>>航空会社の拠点化めざす-LCC誘致積極化 

■国内・訪日ニュース

ヴァージン・オーストラリア航空
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

旅行業界で天才と思える人材に出会ったことが

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ