JTB、11月の国内旅行取扱額は4.4%増、訪日は大幅増加

  • 2015年1月19日(月)

 ジェイティービー(JTB)グループ21社(※)の2014年11月の旅行取扱概況で、国内旅行の取扱額は前年比4.4%増の914億4300万円となった。団体旅行は7.3%増と増加。このうち一般団体は「官公庁・自治体」が102.4%増、「組織」が7.9%増、「企業」が1.4%減。教育団体は7.2%増となった。

 企画商品の取扱額合計は3.2%増と増加。このうちエースJTBの取扱額は6.2%増となった。エースJTBの取扱人数は0.8%減で、方面別では、近畿が17.4%増、沖縄が9.6%増、九州が3.1%増と上位を占めた。手配旅行を含む国内個人旅行全体の取扱額は、3.2%増と伸長した。

 一方、国際旅行は18.6%増の50億2300万円と増加。訪日旅行者の取扱いも順調に推移した。訪日旅行者向けに定番コース商品を販売する「サンライズツアー」の2月までの予約状況は、人員ベースで12月が43.7%増、1月が58.2%増、2月は119.6%増となっている。

 また、アジアからのリピーターを想定した体験型商品「エクスペリエンスジャパン」の予約状況も、12月が594.6%増、1月は369.1%増、2月は368.8%増と大幅に増加。JTBによると、2月は中華圏の春節需要が好調なほか、冬期は中部地方での「昇龍道(高山・白川郷・五箇山)」や北海道の道東商品、都内近郊の「富士山麓の雪遊び・イルミネーション」などのツアーが牽引したという。

 なお、海外旅行の取扱額は0.1%減の439億200万円で、その他を含めた総計は2.8%増の1450億1100万円。海外旅行の詳細は別途記載(下記関連記事)。

※JTBグループ21社:JTB北海道、JTB東北、JTB関東、JTB首都圏、JTBコーポレートセールス、JTB中部、JTB東海、JTB西日本、JTB関西、JTB中国四国、JTB九州、i.JTB、JTBグローバルマーケティング&トラベル、JTBビジネストラベルソリューションズ、JTB沖縄、PTS、JTBグランドツアー&サービス、JTB伊勢丹トラベル、JTBメディアリーディング、朝日旅行、JTB京阪トラベル

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ