5年目のダイヤモンド・プリンセス、日本発着クルーズ

乗るたびに新しい体験、外国船で日本を巡る唯一無二の旅行に

  • 2017年10月18日(水)

ベイブリッジをくぐるダイヤモンド・プリンセス  2013年に、外国船社として初の日本発着定期クルーズを開始したプリンセス・クルーズ。2年目からは船をダイヤモンド・プリンセス(総トン数11万5875トン、乗客定員2706人)に大型化し、来年度からはいよいよ、メンテナンスなど一部の期間を除く「オールシーズン」での運航に規模を拡大する。寄港地での観光に移動中の食事、宿泊、エンターテイメントを組み合わせたトータルバケーションがクルーズの魅力だが、5年にわたって日本発着クルーズで成功し続ける理由は何か。8月28日出発の「納涼の日本海と宮崎・韓国9日間」での体験を、今年度から開始した新サービスとあわせてレポートする。


日本市場を重視したクルーズ

出航前の鏡割りは日本発着クルーズならでは  プリンセス・クルーズは米国に本社を置くクルーズ会社。船内の共通言語は英語、通貨は米ドルで、オフィサーやクルーなどのスタッフもインターナショナルな顔ぶれだ。日本発着クルーズといえども、チェックインを終えて船に乗り込めば、そこは外国のホテルのような雰囲気。海外旅行の気分を味わいながら、国内の各都市と近隣諸国を訪れる、ユニークな体験ができるのが日本発着クルーズの魅力の一つ。

ホテルジェネラルマネージャーのフランチェスコ・グラッソ氏  外国客船の日本発着クルーズが増えるなかで、ダイヤモンド・プリンセスのクルーズは何が違うのか。同船で、乗客サービス全般を統括するホテルジェネラルマネージャーのフランチェスコ・グラッソ氏が強調するのは、「プロダクト、サービスの質が違う」こと。日本で定期運航する外国客船で唯一のプレミアムクラスのサービスを提供し、客室やパブリックスペースには質の良いインテリアを揃える。客室の洗面台のコップもガラス製であるなど、細かな部分にも違いが感じられる。

日本配船に合わせて新設した日本式大浴場「泉の湯」  朝食の和定食は日本発着クルーズならではのメニュー。焼魚は今回のクルーズでは5種類に 日本発着クルーズでは、日本市場に配慮した特別サービスを提供。日本人を含む日本語を話すスタッフを100名配置し、船内アナウンスなど各種案内に対応する。問い合わせ窓口となるゲストサービス・デスクで、気構えなく日本語で話せるのは安心感がある。旅行の重要な要素である食事でも、和食のメニューを用意。毎晩フルコースでディナーを提供するメイン・ダイニングでも白飯やみそ汁に加え、メイン料理で鶏の照り焼きや鮭の西京焼きなどの選択も可能とした。味付けはもちろん、量も日本仕様に変えている。

 これについてフランチェスコ氏は、「お客様の様子や要望を踏まえて、日本発着クルーズで必要とされることを日本オフィスと協力し、研究してきた。だからこそ毎回およそ2000名の日本人のお客様をお迎えできている」と、5年間の積み重ねで深化させてきたサービスの違いをアピールする。

船体にプリンセス・クルーズのロゴマークが大きく描かれ、よりエレガントな雰囲気に 出航日はまさに、日本の夏を絵にかいたような晴天。出航時間の17時にデッキに上がると、プールサイドでは外国人客が水着で日光浴をしていたり、バーでお酒を楽しんでいたりする。まるで海外のリゾート地のようだ。その後ろに広がるみなとみらい地区の風景とのギャップに不思議な感覚を抱きながら、これから始まる船旅への期待が一気に高まっていく。

シンガポール・トラベルマート&セミナー2017
TASA後払い
ビズリーチ

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ