キャリチャ

てるみWG、企業ガバナンスについて議論-チェック体制強化へ

観光庁は6月15日、てるみくらぶ問題について再発防止策を検討するための「経営ガバナンスワーキンググループ(WG)」の第2回会合を開催した。同WGは「新たな時代の旅行業法制に関する検討会」の下に設置した会議体で、この日は前回会合で事務局が示した2つの論点のうち「企業のガバナンスのあり方」について議論。委員は旅行会社の経済状況の把握方法や監査体制、広告表示や旅行者募集のあり方、旅行会社から宿泊施設への支払期間の見直しなどに関して、意見を交換した。終了後にブリーフィングをおこなった同庁の観光産業課によると...