アメリカ、ハワイ、米国入国に「新型コロナウイルス感染症陰性証明書」提示が義務化

  • 2021年1月14日(木)

アメリカ疾病予防管理センターは、米国に入国する全渡航者を対象に「新型コロナウイルス感染症陰性証明書」の提示を義務化することを米国時間2021年1月12日に発表しました。

こちらの施行は、米国時間2021年1月26日から開始となります。

米国(ハワイを含む)全渡航者は、米国へ出発するフライトの3日以内に受診した新型コロナウイルス感染症検査の陰性証明書(印刷またはデータ)を航空会社チェックインカウンターにて必要書類とともに提示が求められます。陰性証明書を提示できない(提示しない)利用客に対して、航空会社は搭乗を拒否する義務があります。

米国に渡航される方は、事前に新型コロナウイルス感染症検査を受診され、陰性証明書を入手されることを強くお勧めいたします。

※「アメリカ疾病予防管理センター」プレスリリース

 https://www.cdc.gov/media/releases/2021/s0112-negative-covid-19-air-passengers.html

情報提供:ハワイ州観光局 (HTJ)日本海外ツアーオペレーター協会

この記事へのコメント

コメントを書く

■海外ニュース

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ