フィリピン:国内の複数の島が「世界で最も魅力的な島」を受賞

プレスリリース

  • 2020年10月26日(月)

 フィリピン観光省(東京都港区 東日本代表:ニールP. バレステロス)は、米旅行雑誌「Conde Nast Traveler(コンデナスト・トラベラー)」が実施した読者投票ランキング「Readers' Choice Awards 2020」の「世界で最も魅力的な島」部門において、国内の複数の島が受賞したことを発表いたします。

 今回のランキングでは、セブ島・ビサヤ諸島が「世界で最も魅力的な島―アジア部門」の1位に選ばれたほか、パラワン島(4位)、シャルガオ島(5位)、ボラカイ島(6位)も選ばれており、フィリピンは同部門内で最も多くの島・エリアがランクインしています。

カヤンガン湖、 パラワン島ー Photo by Eric Beltran

 フィリピン観光省バーナデット・ロムロ・プヤット大臣は、「フィリピンは最高の自然に恵まれており、この度、世界でもっとも有名な旅行・観光誌である“コンデナスト・トラベラー”に我々の島やビーチを連続で称賛いただけました。今回の受賞は、フィリピン観光省に自信を与えてくれるもので、私たちは国内の観光を少しずつ再開し、世界の状況が良くなったときに再び海外からの旅行者をお迎えするために継続的に戦略・準備を実行してまいります。」と語りました。

 今年で第33回目となる「Reader’s Choice Award」では、 コンデナスト・トラベラーは60万人の旅行者を対象に、アジア、オーストラリア、南太平洋、カリブ海と大西洋、アフリカとインド洋、ヨーロッパ、北米の6つの地域の最も魅力的な島に関するオンライン投票を実施いたしました。

 今回の投票は、セブ島・ビサヤ諸島は一つのエリアとしてまとめられましたが、西ビサヤにあるボラカイ島は別エリアとなっていました。

ボラカイ島ー Photo by Daisuke Takakura

 昨年の同ランキングでは、フィリピン国内のエリアは3つの島がランクインしていました。1位はボラカイ島、2位はセブ島・ビサヤ諸島、4位はパラワン島。他、マレーシアのペナン(3位)とインドネシアのバリ(5位)だけがトップ5に選ばれました。

 「フィリピンの中心部に位置するセブ島は、島の北部沿岸のビーチやダイビングスポットで毎年何百万人もの旅行者を魅了しています。セブ島市内にはスペインとローマ・カトリックの影響が色濃く残っており、Basilica Minore del Santo Niño(バシリカ・ミノレ・デル・サント・ニーニョ教会)には、ポルトガルの航海者フェルディナンド・マゼランから贈られたイエス・キリストの像など歴史的遺産などがあります。」とコンデナスト・トラベラーはセブ島についてコメントしています。

 フィリピン国内の様々な島の観光地で世界の注目を浴びる中、プヤット大臣は、フィリピン観光省としてのこれからの挑戦は、観光業界全体でこれら観光地の維持・保存を続けていくことであると語りました。「7,641以上の島々がある、わが国の列島には、自然を愛する旅行者が新たに発見できる場所がまだまだたくさん残っています。観光業再生・回復への道のりの中で、同省は基本原則の一つとして掲げているように、持続可能かつ責任のある観光地の開発を継続的に実施していくことが我々の挑戦であると感じています。」

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ