キャリチャ

オーストリア、「ウィーン楽友協会ホール」、「コンツェルトハウス」、感染防止対策を取りつつ6月に公演を再開

  • 2020年6月4日

ウィーン楽友協会は今年、ホールの建造から150周年のお祝いをする予定でした。新型コロナウイルスの影響で3月中旬からホールは閉鎖され、6月末までの2019/2020シーズン・プログラムはすべて中止になりました。ところが、5月末に押し詰まってから、公演再開の嬉しいニュースが飛び込んできました。

来場者と演奏者の健康を守る事を第一に、国の定めた感染防止規制に則った方法をとった上で、2020年6月5日から28日まで新しいプログラムでの開催が決まりました。

この新しい方法は、これからのウィズ・コロナ演奏会スタイルとしてひとつのモデルとなりそうです。ご参考までにご紹介いたします?

* ソーシャル・ディスタンス(最低1m間隔を空ける)を考慮し、席数は制限され、

 間隔を空けて座席が定められている。そのため立ち見席はなし。

* 楽友協会の建物に入る際はマスクが必要。口と鼻を覆うもので良い。

 着席したら、演奏中はマスクを外すことも可能。

* 建物とコンサートホールへの入場は、開演30分前から。

* 消毒剤ディスペンサーは常備されているので利用可能。

* ホワイエ、クローク、トイレの前、トイレは他人との距離を十分に取る。

* クロークは無料で利用可能。

* 公演は、大人数を避けるために、休憩なしで50~70分間。

 したがって、コンサートの前後にビュッフェの営業もなし。

* ホールの座席は、他者との距離を法的規制で定められている。

 運営上の理由から、同居人でも並んで座ることは不可。

 チケットに明記された席に着くこと。席の交換は不可。

* コンサート終了後、速やかに建物を退出。

* 病気の症状が出た場合は、演奏会の鑑賞を控える。

同様にコンツェルトハウスも6月から公演を再開します。

こちらは2~4人が並んで座れ、他の聴衆とは一定の距離をとる別ルールになっています。

感染防止のため、イベント催行の最大人数は2020年

・5月29日から屋内・屋外共に100人まで、

・7月01日からは屋内250人まで、屋外500人まで、

・8月01日からは屋内1,000人まで、屋外1,250人まで

と規制されています。今後このルールに沿って、催行人数は増えていきます。

ザルツブルク音楽祭が7月催行を断念した背景にはこの人数制限があったと思われます。

※演目について

 https://www.musikverein.at/ja/juni-2020?utm_source=Newsletter&utm_medium=E-Mail

※ 新ルールに則った座席表例

 https://www.musikverein.at/CustomResources/pdf/Saalplan/Corona2020/4c0fedc7-d434-4de7-b46b-d77e993d217f.pdf?utm_source=Newsletter&utm_medium=E-Mail

情報提供:オーストリア政府観光局、日本海外ツアーオペレーター協会

関連ニュース