JALも下方修正、4Q営業赤字は201億円

  • 2020年4月27日(月)

 日本航空(JL)は4月22日、2020年3月期(19年4月1日~20年3月31日)の通期連結業績予想を下方修正すると発表した。新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大の影響を受けたもの。

 1月31日に公表していた業績予想値と今回発表した数値を比較すると、売上高は1兆4860億円から1兆4110億円(5.0%減)、営業利益は1400億円から1000億円(28.6%減)、経常利益は1450億円から1020億円(29.7%減)、当期純利益は930億円から530億円(43.0%減)となった。前年の実績比では、売上高が4.1%減、営業利益が43.2%減、経常利益が38.3%減、当期純利益が64.9%減となる。

 なお、第3四半期累計期間(19年4月1日~19年12月31日)の連結業績における営業利益は1201億円で、今回発表予想は1000億円であることから、第4四半期の営業損失は201億円だった計算で、全日空(NH)の営業赤字596億円と比較するとほぼ3分の1に抑えられたことになる。

JAL、通期連結業績予想の修正(単位:百万円)

売上高営業利益経常利益親会社株主に
帰属する
四半期純利益
前回発表予想1,486,000140,000145,00093,000
今回修正予想1,411,000100,000102,00053,000
増減率95.0%71.4%70.3%57.0%
前期連結実績1,487,261176,160165,360150,807

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ