『コロナ奮闘記 Vol.2』 -風の旅行社 原優二氏寄稿

  • 2020年4月9日(木)

『コロナ奮闘記 Vol.2』

風の旅行社 原優二
風の旅行社代表取締役の原優二氏

 4月7日、緊急事態宣言が出され4月8日から実施されると、大手旅行会社もこぞって5月6日まで臨時休業に入った。中小の旅行会社も、大抵は臨時休業に入ったと思われる。

まさか、こんな事態になろうとは信じられないことだが、これで旅行業界全体が1か月止まってしまったといえよう。

 弊社は、既に3月中旬から出勤できなくなることを予測し準備してきた。3月26日には、5月15日出発までのツアーを中止することをホームページで発表し該当するお客様への連絡・返金を急がせた。翌週、3月30日(月)には、準備が整ったので翌日から臨時休業に入ろうと思ったが、緊急事態宣言が出そうだというので様子を見ることにした。しかし、なかなか出なかったので一足先に4月2日(木)のマネージャー会議で4月6日からの臨時休業を決めた。

 急ぎ、4月2日と3日の両日で、6月以降の予約をいただいているお客様に、臨時休業が明ける5月7日、8日の2日間で改めてツアーの実施についてご連絡する旨メールや封書で連絡した。もちろん取消料がかからないよう配慮する旨も書き添えた。

 テレワークではなく原則全社員休業している。これを一時帰休というらしい。急な仕事があって出勤したら、当然だがタイムカードを打刻し勤務にするよう指示している。現場は、仕事をしているほうが楽しいし心が休まる。だから休めといわないと会社に出てきてしまう。「今は、仕事はしなくていい。休むことが仕事だ」。まるで経営者らしくないことを今は明確に言わなくてはならない。天から授かった思いがけない休業と思い、前向きに一生懸命休業に取り組んでくれと言っている。

 社員の副業も認めた。弊社のスタッフは自分で生きていく力があると信じている。漁師の手伝いや、ビルメインテナンスなどの仕事を始めたスタッフもいる。夜のバイトは厳禁。とにかく罹患しないよう注意してくれ。とだけ言っている。

 今、旅行は、海外、国内、インバウンド、すべてが止まっている。成田空港のホテルが帰国者の14日間の自主隔離のために混んでいて、その手配をしている部署だけが大忙しだとか、海外から戻りたいが、航空路線が停止していて帰れない。何とかしてほしい。逆に、中国へ行きたいが何とかならないか。そんな特殊な手配があるようだが、一般の旅行はすべて止まってしまった。いったい、いつ旅行ができるようになるのかまるで見えない。

 緊急事態宣言が出て、これから2週間、人との接触を80%減らせば次第に収まっていくとのこと。私には、判断する材料が何もないので、これを信じるしかない。しかし、それでこの感染症が収束するわけではないということは分かってきた。医療崩壊を招かないよう感染者数を一定の範囲に止め、死者数を最小限に止める。これが、日本のやり方だが、北海道のように、収まっても自粛を緩めれば、また広がり、第2波、第3波と続く。期待は、治療薬と抗体検査。ワクチンはかなり時間がかかるようだ。

 犯人捜しや金にものを言わせた脅しは止めにして、何とか、世界が協力して、有効な治療薬の実用化と抗体検査の水準の向上を図り、救いの神を到来させてほしいと思う。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

イベント・セミナー情報はありません。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ