キャリチャ

ZIPAIRが機内公開、フルフラットシートも【フォトニュース】

  • 2019年12月18日

 ZIPAIR Tokyoは12月18日、来年5月の就航時に使用する初号機の内装を公開した。機材はもともと親会社の日本航空(JL)が利用していたB787-8型機で、JLの国際線仕様では200席前後を配置するが、ZIPAIRでは290席を設定した。ZIPAIR Tokyo代表取締役社長の西田真吾氏は、中長距離路線に特化するLCCとして「長時間のフライトでも安全で快適な機内空間」をコンセプトにプロダクトを選定したと説明。中長距離LCCのビジネスモデルは世界的にも確立されていないが、「ゆくゆくは我々のモデルが正解だったとお客様にも同業他社にも認めてもらえるよう」取り組んでいくと意欲を語った。

 内装の特徴としては、通常の「スタンダード」クラス272席に加えて「ZIPフルフラット」クラス18席を設置。その名の通りフルフラットになるシートで、専有面積はスタンダードの3倍とくつろげる空間を提供する。ただし、FSCのエコノミークラスとビジネスクラスのようにサービスの差別化はせずに選択肢のひとつとして提示する方針。運賃については未定ながら、専有面積の差に見合う運賃を設定したいという。また、スタンダードでもシートピッチをFSC並みの31インチとするなど、目標とする太平洋路線の就航に向けて快適性にも配慮した。

 なお、今後は5月の成田/バンコク線と成田/仁川線の就航に向けて準備を進め、春には運賃やアンシラリーなどの詳細を発表する予定だ。フォトニュースでは各クラスのシートなど機内の様子をレポートする。

フォトニュースはこちら

関連ニュース