JAL新LCC、ZIPAIRが機内公開-「フルフラット」シートの詳細は?

  • 2019年12月18日(水)

 ZIPAIR Tokyoは12月18日、来年5月の就航時に使用する初号機の内装を公開した。機材はもともと親会社の日本航空(JL)が利用していたB787-8型機で、JLの国際線仕様では200席前後を配置するが、ZIPAIRでは290席を設定した。

 ZIPAIR Tokyo代表取締役社長の西田真吾氏は、中長距離路線に特化するLCCとして「長時間のフライトでも安全で快適な機内空間」をコンセプトにプロダクトを選定したと説明。中長距離LCCのビジネスモデルは世界的にも確立されていないが、「ゆくゆくは我々のモデルが正解だったとお客様にも同業他社にも認めてもらえるよう」取り組んでいくと意欲を語った。

 内装の特徴は、通常の「スタンダード」クラス272席に加えて「ZIPフルフラット」クラス18席を設置したこと。また、スタンダードでもシートピッチをFSC並みの31インチとするなど、目標とする太平洋路線の就航に向けて快適性にも配慮した。各クラスの仕様など機内の様子を写真で紹介する。

  • イメージ

    B787-8外観

  • イメージ

    尾翼

  • イメージ

    「ZIP Full-flat」クラス

  • イメージ

    「ZIP Full-flat」シート

  • イメージ

    「ZIP Full-flat」収納スペース

  • イメージ

    「ZIP Full-flat」コントロール類

  • イメージ

    「ZIP Full-flat」フルフラット化

  • イメージ

    「ZIP Full-flat」パーティション

  • イメージ

    「ZIP Full-flat」テーブル

  • イメージ

    「Standard」

  • イメージ

    「Standard」クラス

  • イメージ

    「Standard」座席背面

  • イメージ

    「Standard」タブレットホルダー

  • イメージ

    「Standard」リクライニング

  • イメージ

    「Standard」バルクヘッド

  • イメージ

    化粧室

  • イメージ

    西田真吾社長

  • イメージ

    キャビンクルー

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ