出国者数、10月は1.0%増どまり-今後は前年維持で2000万人

  • 2019年11月20日(水)

 日本政府観光局(JNTO)によると、今年9月の日本人出国者数(推計値)は前年比1.0%増の166万3500人となった。昨年3月以来20ヶ月連続のプラスとなったが、日韓関係の悪化による韓国路線の減少や台風19号の影響などにより、伸び幅は今年において最も小さかった。

 1月からの累計は6.9%増の1672万6100人。2018年11月と12月の出国者数は計330万2815人で、今後2ヶ月がいずれも前年と同水準だった場合、通年で2002万8915人となり、2020年の目標としていた年間出国者数2000万人を超えることとなる。11月20日の定例記者会見で観光庁長官の田端浩氏は、10月末に開始した冬ダイヤの日本発着国際線便数が前年比45便増となっていることなどから、達成には楽観的な見解を示した。

■海外ニュース

ヴァージン・オーストラリア航空
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

昨年と比べて忘年会に行く回数は

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ