JAL初のエアバス機「A350」、国内線用でも電源など利便性高く

  • 2019年6月23日(日)
JLのA350-900型機

 日本航空(JL)は6月20日、A350-900型機初号機のメディア向けお披露目会を開催した。JL初のエアバス機となるA350型機はB777型機の後継機で、9月1日から東京(羽田)/福岡線で運航を開始する。

 メディア向け内覧会には、JL代表取締役社長の赤坂祐二氏をはじめ、エアバス日本担当セールス シニア・バイス・プレジデントのジャン=ピエール・スタイナック氏とロールス・ロイス・ジャパン日本法人社長の露久保治彦氏が登壇。

 ジャン=ピエール氏は「“鶴丸”と“A350-XWP”の特別舗装がされた機体を見て嬉しく思う。歴史的な日となった」、露久保氏は「ロールス・ロイス社はこの度、JALのフライトの一翼を担う名誉をいただいた。大変光栄なこと」と、それぞれ喜びを語った。

 赤坂氏が「自信を持って送り出すことができる」と語るA350型機の機内を写真で紹介する。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
ワンクリックアンケート

史上最高の日本人野球選手は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ