JAL初のエアバス機「A350」、国内線用でも電源など利便性高く

  • 2019年6月23日(日)

 日本航空(JL)は6月20日、A350-900型機初号機のメディア向けお披露目会を開催した。JL初のエアバス機としてB777型機の後継機となるA350型機は、9月1日から国内線に投入する計画。メディア向け内覧会でJL代表取締役社長の赤坂祐二氏が「自信を持って送り出すことができる」と強調する同型機を写真で紹介する。

  • イメージ

    機体には新素材を採用

  • イメージ

    新世代エンジンを搭載

  • イメージ

    コクピット

  • イメージ

    サイドスティック

  • イメージ

    ファーストクラス

  • イメージ

    カクテルトレイ

  • イメージ

    電源・USBポート

  • イメージ

    国内線最大級のモニター

  • イメージ

    可動式センターディバイダー

  • イメージ

    クラスJ

  • イメージ

    クラスJシート

  • イメージ

    クラスJ用モニター

  • イメージ

    テーブルトレイ

  • イメージ

    エコノミークラス

  • イメージ

    エコノミークラス用モニター

  • イメージ

    電源&カップホルダー

  • イメージ

    ヘッドレスト

  • イメージ

    オーバーヘッドビン

  • イメージ

  • イメージ

    トイレ

  • イメージ

    メディア向け内覧会の一コマ

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ