JAL新LCCのジップエア、機体と制服のデザイン発表-増資も

  • 2019年4月11日(木)

西田氏(中央)と運航乗務員・客室乗務員・地上係員の制服に身を包んだモデル 機体のデザインについて紹介する西田氏  日本航空(JL)の100%子会社で、2020年の運航開始をめざす国際線専門LCCのZIPAIR Tokyo(関連記事)は4月11日、「ZIPAIR Style Exhibition」と題した発表会を開催し、機体デザインと乗務員などの制服を発表した。機体デザインは垂直尾翼にはメインカラーのグレーをベースとしたシンボルマークを、側面にはサブカラーのグリーンで細いラインを配置。西田氏によれば「矢がビュッと飛ぶ(zip)」ように、目的地に一直線に向かう姿をイメージしたという。

 運航乗務員・客室乗務員・地上係員が着用する制服のデザインは、ベルギーのアントワープ王立芸術アカデミーを首席で卒業し「TARO HORIUCHI」などのブランドを手がける堀内太郎氏が制作。普段着のような「着まわし」をコンセプトに、業務内容や天候、気分、体調などに合わせて、復数のアイテムから自由に組み合わられるようにした。また、明るい雰囲気の制服が多いLCCには珍しく、落ち着いた色彩でまとめるとともに「機能美」を追求したという。シューズには動きやすいスニーカーを採用した。

近未来的な演出のファッションショーで制服の「機能美」をアピール  あわせて、このほどJLを引受先とする40億2000万円増資を決定し、同日付で手続きを完了したことも発表。西田氏は「準備を大きく加速させる」と意気込みを示した。

 発表後の質疑応答では、西田氏が座席数の見通しについて説明。同社は20年夏ダイヤで開設予定の成田/ソウル(仁川)、バンコク(スワンナプーム)線ではB787-8型機を使用する予定だが、JLの同型機は最少で186席で使用しているところを「その1.5倍くらい」の席数とする方針を明らかにした。配置などは今年の冬に公表するという。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

夏季休暇は何月に取りますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ