KNT-CT、18年度3Qは増収に、利益も改善

  • 2019年2月10日(日)

 KNT-CTホールディングス(KNT-CT)は2月8日、2019年3月期第3四半期(18年4月1日~12月31日)の連結業績を発表した。売上高は前年比0.8%増の3207億2200万円、営業利益は29.0%減の30億3100万円、経常利益は25.0%減の32億7500万円、当期純利益は2.8%増の26億円。国内での自然災害が続き、第2四半期までは前年割れとなっていた売上高はわずかながらプラスに転じ、営業利益と経常利益の減少幅もそれぞれ10ポイント以上縮小した。売上原価は1.5%増の2659億500万円で、売上総利益は2.0%減の548億1600万円、販管費は0.2%増の517億8500万円だった。

 なお、KNT-CTは前期までは「個人旅行事業」「団体旅行事業業」「その他」の3つのセグメントに分けて売上高と営業利益を発表していたが、今期からはセグメント別の発表を省略している(リンク)

 通期の連結業績予想については昨年11月に発表した予想値を据え置いた。売上高は2.2%増の4140億円、営業利益は33.9%減の21億円、経常利益は29.7%減の23億5000万円、当期純利益は34.5%増の19億円。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ