VN、関空/ダナン線でツアー多様化に期待-ニャチャンなど検討も

  • 2018年10月30日(火)

LCCとはネットワークとサービスで差別化

 関空/ベトナム間では、LCCのジェットスター・パシフィック航空(BL)がダナン線とハノイ線を週4便ずつ運航中。ベトジェットエア(VJ)は11月8日からハノイ線を、12月14日からホーチミン線をそれぞれデイリーで開設する予定だ。

 こうしたLCCの動きに対し、ヴー氏は「ベトナムが注目されるチャンス」と前向きな考えを示すとともに、VNがベトナム国内やカンボジアなどに強固なネットワークを持っていることを強調。BLのダナン線については「相手と運賃で戦うことはしない。我々はFSCで快適性を重視しビジネスクラスを持っているというサービス面で差別化する」と話した。

 関空/ダナン線就航以前にも、関空/ホーチミン線、ハノイ線を利用してダナンを訪問する旅行商品は好調だったといい、「もともと市場の中で引きがある。需要がLCCに流れていない」との考えを述べた。加えて、旅行会社にはダナンとカンボジアのシェムリアップなど、2都市以上を組み合わせたツアーの造成などを提案する考え。

 このほか、VNではベトナムで4ツ星、5ツ星ホテルやレストラン、テーマパークなどを展開するヴィンパールグループと業務提携を実施していることをアピール。旅行会社に対し、VNとヴィンパールのホテルを組み合わせた特別料金や特典などの提供を実施する考えで、消費者向けキャンペーンも検討しているという。

ニャチャンやフーコックに興味、羽田/ホーチミン線を要望

 19年夏ダイヤ以降の計画については、「時期は未定だが、大きな市場に成長しそうなニャチャンやフーコックへの就航を検討している」と明かした。日本の発着空港は明言しなかったが「市場規模が大きい東京が最もプライオリティが高い」という。このほか、VNは成田、羽田、関空、中部、福岡から路線を運航しているが、「他の地方空港からの就航も検討したい」と意欲を述べた。

 今年の2月から3月末まで、ホーチミンやダナンからのチャーター便を運航した新千歳については、「訪日客がメインで日本人は少なかった。定期便化したとして路線を維持できるかを試算しなければならない」とコメントした。

 このほか、20年までに発着枠の増枠が検討されている羽田については、「もしスロットをいただけるのであれば、ホーチミンに飛ばしたい」と意欲を示した。VNは現在、羽田/ハノイ線をデイリーで運航しており、平均搭乗率は80%。乗客の6割が日本人、4割が訪日外国人で、他路線よりも訪日外国人の割合が高く、ホーチミン線についても双方向の需要が期待できるという。

■海外ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ