SQと豪政観が戦略的提携、3年9億円で需要喚起へ

  • 2018年10月1日(月)

 シンガポール航空(SQ)とオーストラリア政府観光局(TA)はこのほど戦略的パートナーシップを締結した。今後3年間で合計1100万豪ドル(約9億円)を投じ、アジアと欧州の8ヶ国からオーストラリアへの旅行市場について、共同で大規模なキャンペーンやプロモーションを展開する。

 対象となる市場は日本、シンガポール、中国、インド、インドネシア、マレーシア、英国、ドイツの8ヶ国で、これら8ヶ国の市場規模は、昨年度で訪問者数が400万人、支出総額が220億豪ドルに達したという。

 なお、SQは現在オーストラリアへの便を週130便以上運航しているが、これはオーストラリアの国際線到着全便の8%を占めている。さらに、子会社のシルクエアー(MI)とスクート(TZ)を合わせるたグループ全体では、週間便数は170便にもなるという。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

フライドポテトで一番おいしいと思うチェーン店は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ