今までのプレエコとここが違う!「デルタ・プレミアムセレクト」A350で登場[PR]

デルタ航空初となる本格的なプレミアムエコノミークラス

  • 2017年10月25日(水)

2-4-2のシート配列で座席数は48席。他の航空会社よりも多くの座席を用意している 「デルタ・プレミアムセレクト」は、デルタ航空(DL)がエアバスA350型機の導入に伴い開発した新たなキャビン区分で、ビジネスクラスとエコノミークラスの中間に位置付けられる。また「デルタ・プレミアムセレクト」はデルタ航空にとって初の本格的なプレミアムエコノミーでもある。日本路線では、10月30日のデトロイト発成田行きのフライトからの導入となる。


全てが新しいプレミアムエコノミー「デルタ・プレミアムセレクト」
デルタ・コンフォートプラスとの違いとは?

 「デルタ・プレミアムセレクト」と混同されがちなのが、これまでも提供してきた「デルタ・コンフォートプラス」だ。しかしこのコンフォートプラス席は、あくまでもエコノミークラスの一部として販売しているものでプレミアムエコノミーではない。「通常の席より広い足元スペースと深いリクライニング角度」のエコノミークラス座席として提供している。

優先チェックインや優先搭乗などの特典が受けられる「スカイ・プライオリティ」も利用できる 一方、「デルタ・プレミアムセレクト」は初めからプレミアムエコノミーとして開発された点が「デルタ・コンフォートプラス」とは大きく異なる。バルクヘッドにより区切られた客室、より広いスペース、ワンランク上のサービス、デザインと品質の優れたブランドとの提携によるアメニティキットを特徴とする「デルタ・プレミアムセレクト」は、真の意味でプレミアムエコノミーといえる。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2018
TASA後払い
求人広告

助成金・補助金情報

「ミートツーリズムツアー造成支援事業補助金」
趣旨都城市では、「日本一の肉と焼酎のふるさと・都城」で、本物の肉と焼酎を味わい、その魅力...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ