ゲンティンドリーム、オールインクルーシブ制導入、9月から

  • 2017年8月27日(日)

客船「ゲンティン ドリーム」  ゲンティン香港の子会社であるドリームクルーズは9月1日、客船「ゲンティンドリーム」(総トン数:15万1300トン、乗客定員3352人)で、旅行代金にレストランやバーでのアルコール類を含む飲食や、WiFi使用サービスなどを含むオールインクルーシブ制を初めて導入する。スイートの宿泊者が対象で、11月に就航を予定する姉妹船の「ワールドドリーム」でも導入する予定だ。

 全142室のスイートの宿泊者には現在、専用の共用エリア「ドリームパレス」でレストラン、プール、スパ、ジムなどを開放しているところ。オールインクルーシブ制の導入後は、船内のすべてのバーやラウンジでアルコール類を含むドリンクを楽しめる「プレミアムドリンクパッケージ」、WiFiサービスの基本プラン、専用シャトルバスによる寄港地での市内送迎などを提供する。

夕食については、最大5ヶ所の有料レストランから毎晩の夕食を選べるようにする。加えて一部のクルーズについては、最終日に「ドリームパレス」のプールエリアで開催するシーフードバーベキューのディナーにも招待する。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

フライドポテトで一番おいしいと思うチェーン店は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ