デルタ航空、全席個室のビジネスクラス導入へ、17年秋から

  • 2016年8月23日(火)

「デルタ・ワン・スイート」のイメージ  デルタ航空(DL)はこのほど、2017年秋から導入する全席個室タイプのビジネスクラス「デルタ・ワン・スイート」を発表した。各座席にスライド式ドアを設置して搭乗客のプライバシーを守るもので、DLによればビジネスクラスの全座席にスライド式ドアを設置するのは世界初の試み。まずはアジア線に投入予定のエアバスA350型機に32室を設け、その後はボーイングB777型機にも導入する。

 スライド式ドア以外の設備は、通路に面したフルフラットシート、調整可能な照明、専用の収納スペース、形状記憶機能付きのクッション、18インチの高解像度モニター、電源コンセント、USBポートなど。中央の2席の間には可動式の仕切りを設けた。そのほかにはシェフの監修による機内食、マスターソムリエが選定したワイン、トゥミ社のアメニティキット、機内用のラウンジウェアなども提供する。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ