海外旅行業況、テロや日並びで2ポイント減に-大洋州は上昇

  • 2015年12月17日(木)

 日本旅行業協会(JATA)が11月6日から25日にかけて、会員の594社を対象に実施した旅行市場動向調査で、2015年10月から12月までの海外旅行のDI値(※)はマイナス40となり、前期(15年7月~9月)から2ポイント減少した。9月時点の見通しのマイナス33ポイントからは7ポイント下回った。期間中にパリで同時多発テロ事件が発生したことや、年末年始の日並びの悪さなどが影響したという。

 業態別では、総合旅行会社が19ポイント減のマイナス68、リテーラー1が12ポイント減のマイナス57、海外旅行ホールセラーが6ポイント減のマイナス61に。一方、インハウスは7ポイント増のマイナス19、海外旅行系旅行会社は6ポイント増のマイナス6、リテーラー2は2ポイント増のマイナス37と改善した。

 方面別で見ると、オセアニアが13ポイント増と最も伸長。次いで、韓国が12ポイント増、アジアが3ポイント増、アメリカ・カナダが1ポイント増となった。ミクロネシアは前期並み、中国は2ポイント減、ヨーロッパは3ポイント減、ハワイは7ポイント減となった。

 顧客層別では、OLが2ポイント増、学生が1ポイント増と微増したものの、商用・視察は2ポイント減、シニアは5ポイント減、ハネムーンとインセンティブは8ポイント減、ファミリーは9ポイント減で前期を下回った。

次ページ>>>▽次期は1ポイント増予想、豪州やハワイなどが上昇

※DI値は設問事項に対して「良い」「普通」「悪い」「取り扱いなし」の4つを用意し、集まった回答を数値化したもので、設問事項に対する全体的なトレンドを示す指標となる。すべての回答が「良い」の場合はプラス100。JATAの調査では、JATA会員会社の経営者などに対してアンケートを実施し、業態、顧客層、方面別にDI値を算出している。


■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ