全日空、15年夏ダイヤは成田2路線開設、国内5路線再開も

  • 2015年1月21日(水)

 ANAグループは1月21日、2015年度の航空輸送事業計画を策定した。15年夏ダイヤでは、昨年発表済みの成田/ヒューストン線に加え、成田/クアラルンプールを新規就航。また、同じく発表済みの成田/シンガポール、バンコク線に加え、成田/ホノルル線と羽田/香港線も増便する。同グループでは2014年3月末の羽田空港の国際線2次増枠を契機に、羽田を際内線の乗継拠点空港、成田を北米/アジア間の国際線乗継拠点空港と位置づけ、それぞれのネットワークを強化してきたところ。15年夏ダイヤでは、成田の国際線ネットワーク拡充により更なる機能強化をはかる。

 6月12日にはヒューストン線を、9月1日にはクアラルンプール線をそれぞれ1日1便で就航。クアラルンプール線では、夕方時間帯に成田を発着する北米線と相互に乗継しやすいダイヤを設定した。NHによると増加する訪日需要や、北米/アジア間、日本発着のビジネス需要を見込む。ロードファクターは7割以上をめざす。運航機材はボーイングB787-8型機で、ビジネスクラス42席、エコノミークラス198席の計240席。

 また、シンガポール線を6月11日、ホノルル線を7月17日、バンコク線を8月1日から、それぞれ現在の1日1便から2便に増便する。また、14年冬ダイヤで期間減便を実施中の成都線を1日1便に戻す。このほか、羽田/香港線を週7便から週9便に増便する。同路線は14年冬ダイヤで期間増便中で、現在週10便で運航している。なお、成田/クアラルンプール線と、成田/ホノルル線、羽田/香港線の増便分は、1月27日から予約・販売を開始する。

 さらに、北米/アジア間の渡航需要の増加に応え、北米とアジアの一部路線で運航機材の大型化や運航スケジュールの変更を実施。一部の東南アジア線では、新たにファーストクラスとプレミアムエコノミークラスの提供を開始する。

 機材変更では、成田/北京、瀋陽、シアトル線と羽田/フランクフルト、バンクーバー線を大型化し、座席数を増やした。羽田、成田/パリ線はB777-300ER型機からB787-8型機に変更し、座席数を3割減とした。

 また、成田/シンガポール線はB787-8型機からB777-300ER型機に変更。座席数は222席から212席へと減少するが、ファーストクラスを導入しプロダクトの強化をはかる。このほか成田/シンガポール、バンコク線と羽田/ジャカルタ線にプレミアムエコノミークラスを導入する。

 さらに15年夏ダイヤからはボーイングB787-9型機を国際線に導入。5月以降に羽田/ミュンヘン線、8月以降に羽田/ジャカルタ線に投入する計画だ。

 運航スケジュールの変更では、北米との乗継の需要が高い成田/瀋陽線で、訪日旅行の利便性と北米線との相互乗継のしやすさを考慮したダイヤへと変更する。成田では15時55分から17時55分の時間帯に、北米10都市に乗継可能となる。

 このほか、首都圏発着のシンガポール、バンコク、ジャカルタ線で、ビジネスクラスのサービスの充実をはかる予定。詳細は後日発表する。

次ページ>>▽国内線は5路線再開、13路線を減便・運休


▽訂正案内(編集部 2015年1月22日09時02分)
・訂正箇所:1ページ目第5段落第1文
誤:機材変更では、成田/香港、瀋陽、シアトル線と…

正:機材変更では、成田/北京、瀋陽、シアトル線と…

・訂正箇所:1ページ目画像2枚目、香港線増便分運航スケジュール表タイトル
誤:NH、成田/香港線運航スケジュール(増便分)

正:NH、羽田/香港線運航スケジュール(増便分)

・訂正箇所:1ページ目画像3枚目、機材変更一覧表
変更前後の内容が逆であったため差し替え

・訂正箇所:2ページ目画像1枚目・2枚目、国内線路線便数計画一覧表
変更前後の内容が逆であったため差し替え

お詫びし訂正いたします

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019

メール新規登録
ワンクリックアンケート

ユーチューバーで好きなのは?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ